RSS

タグ : NEWSポストセブン 4件あります

FA移籍に伴う人的補償の歴史

NEWSポストセブン『FA移籍の「人的補償」の歴史 成功例は福地、赤松、工藤など』より。

まず、前提としてFAでの”人的補償”について。
各球団の、外国人選手を除く選手を年俸ランクで、1~3位をAランク、4~10位をBランク、11位以下をCランクとランク付けした場合、ランクがAもしくはBの選手がFA移籍する場合、選手が流出する球団は人的補償を要求できるというルールがある。

そして、人的補償対象として指名できないのは以下の3つ。

・プロテクトした28名の選手。
・FA権取得により日本人扱いになった選手を含む外国人選手。
・直近のドラフトで獲得した新人選手。

 
では、実際に人的補償として移籍した選手の話へ。

— ad —

1993年オフにFA制度がスタートした日本球界では、これまで人的補償で15人が移籍している。1990年代は、川邉忠義が巨人から日本ハムへ移ったのみだったが、2000年代に入り、その数は急増した。

ちなみに、川邉は河野博文の人的補償だった。

2008年は人的補償の当たり年だった。西武へFAした石井一久の代わりに、ヤクルトへ入団した福地寿樹は打率3割2分で打撃ベストテン6位に入り、盗塁王を獲得。2012年に引退するまで、毎年2ケタ盗塁を続け、ヤクルトに欠かせない選手となった。今年からはコーチに就任。福地にとって、人的補償が野球人生の道を拓いたといえるだろう。

阪神へFAした新井貴浩の代わりに、広島へ入団した赤松真人は前年わずか28試合だった出場数が125試合まで増加。新天地で活路を見出し、翌年は初の規定打席に到達。2010年には、フェンスによじ登って、ホームラン性の当たりをキャッチするなど、すっかり広島の看板選手となった。

また、中日へFAした和田一浩の代わりに、西武へ入団した岡本真也は47試合にリリーフ登板し、日本一に貢献。中継ぎとして、貴重な役割を担った。

FA選手よりも人的補償選手が好成績を残す場合もある。2006年、巨人は中日から野口茂樹を獲得。かつてのMVP投手は期待を寄せられたものの、わずか1試合の登板に終わる。野口は2008年限りで巨人を戦力外通告に。代わりに、中日へ移った小田幸平は、谷繁に次ぐ貴重な2番手捕手として、未だに現役生活を続けている。

野口のケースは余りに特殊だから参考にならないだろう。
小田も捕手というポジションの特殊性がある。

2007年、巨人は横浜から門倉健を獲得。2年連続2ケタ勝利の門倉は開幕2戦目に先発するなどローテーションの一角として期待されたが、なかなか勝てず、1勝5敗でシーズンを終えた。いっぽうで、門倉の代わりに横浜へ移った工藤公康は先発として7勝を挙げ、チームの4位浮上に貢献した。

前年の工藤は推定年俸2億9000万円ながら3勝に終わった。
一方門倉は、前年10勝を上げ、FA移籍して2年契約で総額2億円プラス出来高払い。
結果論かもしれないが、巨人の戦略が誤っていたとも言いにくいところ。

 
いずれにしても、FAだろうとトレードだろうと補償要員だろうと、その境遇を前向きに捉えていける人でないと、生き残っていけない世界であることは間違いない。

昭和43年巨人ドラフト1位 島野修の生き方

NEWSポストセブン『巨人ドラ1選手が他球団マスコットの「中の人」になった経緯』より。

島野氏の名前は記憶の片隅にあるかなという程度だった。

「黄金のドラフト」といわれた1968年。
山本浩二(広島)、星野仙一(中日)、田淵幸一(阪神)、山田久志(阪急)といった錚々たるメンバーが連なる中、巨人が1位指名したのが島野修。
続きを読む

学生時代にアマチュアナンバーワン投手だった山田秋親の契約金問題

2000年当時、立命館大学の山田秋親は最速153kmのストレートを誇る、アマチュア球界ナンバーワンの投手として注目を集めていた。

中日・阪神・オリックスとの争奪戦の末、ダイエーを逆指名し入団したのだが、父親が週刊文春の取材に対して契約金が6.5億であったと話し、その額が球界で申し合わせていた新人の契約時における最高標準額「契約金1億円+出来高5000万円」をはるかに上回るものだったため、コミッショナーを巻き込む大騒動となったのだ。

週刊文春2000年11月23日号の記事によると、以下のやりとりがあったという。
続きを読む

巨人が阿部、高橋由、二岡、上原、内海、野間口の6選手へ多額の契約金を払っていた問題

2012年3月15日付けの朝日新聞が「巨人、6選手に契約金36億円。球界申し合わせ超過」と報じた。

年と金額の具体的な数字は、以下の通り。

97年 高橋由伸 6億5000万円
98年 上原浩治 5億円+退団時の功労金1億2000万円
98年 二岡智広 5億円+退団時の功労金7000万円+出来高3000万円
00年 阿部慎之助 10億円
03年 内海哲也 2億5000万円
04年 野間口貴彦 7億円

— ad —

6選手の契約では、1億5千万円を超過する金額について、複数年にまたがって分割払いするとし、各年の出来高条件の一部をクリアした場合に支払われるとされていた。複数の巨人軍関係者によると、巨人軍にとってこの出来高払いは税務上、契約金の分割払いとみなされ、通常の出来高払いとは違う会計処理をしていた。各選手も税務申告する際、契約金の一部であることを明らかにしていた。国税当局も税務調査などでこうした内容を把握しているという。

税務上はずるはしてないよって話。

最高標準額を超過した契約金をめぐっては、横浜が、2004年に自由獲得枠で入団した那須野巧選手に5億3千万円の契約金を支払っていたことが2007年に発覚。

「契約金の上限を1億円と出来高払い5千万円で合意し、破った場合は制裁を加える」ことを決めたのは2007年10月。すなわち、いずれもその前の話だから問題ないというのが読売側の主張である。

なお、NEWSポストセブンが、この契約金等が妥当だったのかの一つの指標としてヒット1本あたり、ホームラン1本あたり、1打点あたりの金額を裏金をもらっていない選手と比較していたので紹介したい。

■二岡智宏(1999年ドラフト2位、実働10年)
年棒+契約金=16億9100万円
安打:151万円(数字は1本あたりの金額。以下同様)
本塁打:1077万円
打点:328万円

■坂本勇人(2007年ドラフト1位、実働5年)
年棒+契約金=3億2900万円
安打:52万円
本塁打:451万円
打点:131万円

■高橋由伸(1998年ドラフト1位、実働14年)
年俸+契約金=40億5300万円
安打:262万円
本塁打:1388万円
打点:479万円

■松本哲也(2007年育成3位、実働5年)
年俸+契約金=8610万円
安打:43万円
本塁打: ―
打点:233万円

さすがに、育成出身の松本と比較するのはどうかと思うが…

 

■阿部慎之介(2001年ドラフト1位、実働11年)
年俸+契約金=28億1350万円
安打:215万円
本塁打:1069万円
打点:365万円

■鶴岡一成(2008年トレード、実働4年)
年俸=1億3500万円
安打:169万円
本塁打:1929万円
打点:500万円

キャッチャーはインサイドワークや守備力も含めて判断されるべきではあるが……、少なくとも阿部は10億でも高すぎることはなかったと言えるのではないだろうか。

 
<<2016.6.9 追記>>
上の問題に関連して、巨人軍は朝日新聞を提訴していた。

争いのポイントは大きく二つあり、一つは「巨人軍の契約が球界を統括する日本野球機構(NPB)から、厳重注意処分を受けるような行為だった」という朝日の報道内容が正しいのかどうか。誤っているとしたら、名誉棄損にあたる。

もう一つは、一定の成績を達成した場合に支払われる出来高払いの報酬(報酬加算金)が「契約金」に含まれるか否か。

2016年6月8日、東京高裁の判決では、「巨人軍がNPBから厳重注意処分を受けるような行為だったという点」については真実ではなく、NPB関係者に取材をせずに誤解したまま記事を書いているとして、名誉毀損の成立を認めた。

また、報酬加算金は、球界が2001年に導入したインセンティブ(出来高払い)を制度化したもので契約金とは性質が異なるとしたうえで、巨人軍の内部資料に両者を区別せずに記載する慣行があったことなどから、朝日の報道が「誤りとまではいえない」とした。

朝日新聞は上告するらしい。今後の動向を見守りたい。

 
<<2016.11.28 追記>>
11月24日付の決定にて、最高裁は巨人軍、朝日側双方の上告を退け、朝日新聞社に330万円の支払いを命じた2審判決が確定した。
巨人軍がしていたことは世間からすると褒められる事ではないだろうが、この判決は妥当だろう。