RSS

タグ : 盗塁 2件あります

入団以来本塁打ゼロ記録を続ける千葉ロッテ 岡田幸文

THE PAGEの7/7の記事『ロッテ岡田、入団以来本塁打ゼロの珍記録 まもなく達成』より。

記事によると7月7日時点で、入団以来通算1745打席本塁打がなく、現記録である東京セネタースの横沢七郎氏の1770打席まで残り25打席と迫っていると。

本塁打が打てなくても生き残っている選手はいくらでもいるわけで、それ自体はさほど珍しいことではない。

本人もこう語る。

僕は打球が飛びませんから、フライを上げてしまってはノーチャンスなんです。強い打球、ゴロを転がして塁に出て、野球やピッチャーにプレッシャーをかける。塁に出るということが自分に求められているものだと思っています

さもありなん。

あわやホームランという当たりがなかったのかという問いに対しては、

去年、西武ドームでありました。相手投手は確か牧田でした。でも前に守っていた野手が少し下がっただけで、フェン直にもならなかったです。ホームランの感触というものが僕にはわからないわけですが、『これじゃないか』という手ごたえがあった打球だったんですけどね

ホームランの感触というものが僕にはわからない」と言い切るあたりに、むしろ清々しさを感じるコメントである。

当然ながら、ホームラン以外の事へのこだわりは強い。

使っているバットは2010-11年と今では違うらしい。

2010年、2011年は、960グラムの“つちのこバット”で、グリップをひと握り半も余して「ポイントを体に近づけ、詰まってもいいから、体を使って振り切る。外野の前に落ちればいい」というバッティングを心がけてきた。だが、現在はバットを900グラムの少しグリップの細いものに替え、芯で捉えた際、外野の間を抜けるほどの長打力を求めている

盗塁について。

牽制の癖は見ない方です。盗塁も感性と勇気。スタートは早くないので中間スピードとスライディングでカバーしていいます」と言う。「ここで滑る!」というタイミングをひと呼吸我慢してベースの近くで滑るのがミソ。怪我の危険性は高いがベース際のスピードが増すのだ。

そして、守備について。

一歩目とスタートを意識しています。ピッチャーの球種、球質、調子、バッターのタイミングの取り方と、その日の調子などを見ながら、打つ前には、もう動いているという感覚を持っています。データは見ません。感性です。それは練習の中から数多く打球を受けて磨きます。裏をかかれることもありますが、それでもグラブに収まってくれるような守備をしなければならないし、10回に一度の、その確率を減らしていかねばなりません。ゲーム展開によっては、『いける!』と確信したら勝負しにいきます

盗塁も守備も感性重視なのだ。

厳しい状況にある千葉ロッテだが、岡田選手がチームの雰囲気を変える働きをしてくれることを願ってやまない。

野村ノート(2) 盗塁

野村ノート/野村克也著(小学館文庫) 』より。

一三塁でのダブルスチール。セオリーは捕手の送球が投手の頭を越え、投手が捕らない or 送球が高いと判断したら三塁走者がスタートする。しかしこれでは二塁ベースカバーに入った二塁手、遊撃手から本塁に転送され、9割方アウトとなる。そこで、三塁走者に捕手の手からボールが離れた瞬間にスタートをきるギャンブルダブルスチールを指示した。この場合、捕手が二塁に投げるかどうかの読みが重要。

もう少し厳密に言えば、三塁走者は通常は三塁線の外でリードをとっているが、捕手が捕ったと同時にラインの内側に入る。外側にいると三塁手との位置関係で、捕手が横目で三塁走者を見たときにどれぐらいリードしているかがわかってしまう。内側に入っていると距離感がなくなる。

このケース、仮に間一髪でアウトになったとしても、相手の捕手にこのケースでヤクルトは仕掛けてくるという印象を与え、シーズン初めにこうしたプレーをやっておくと、その1年間は一三塁のケースで一塁走者の二盗が非常にやりやすくなった。

このような作戦の効力は相手チームだけに与えるものでなく、相手以上に味方選手に効果を発揮する。うちは他のチームより進んだ野球をやっているという思いを生じさせ、さらにデータをもとに具体的な攻略法を授けると、それならおれにもできそうだという気にさせることができる。選手の監督に対する尊敬と信頼が芽生え、他チームに対しては優越感や優位感のようなものが生じる。弱いチームには特にそういう優位感を持たせることが必要。

ヤクルト監督に就任当初は、盗塁の際、セットポジションから最初に動く個所(右投手の場合の左肩、左足または首など)を見つけたり、タイミングを計って走者はスタートをきっていた。しかしクイックがうまい投手だったり左投手には通じない。

そこでスコアラーに投手別に何球まで牽制球が続くのかデータをとって、それに応じて始動の前に走るよう指示していた。
ギャンブルではあるが、成功すると、相手バッテリーはあまりの好スタートに何か投手のクセでも盗まれているのではないかとパニックになることもあるぐらいの効果がある。

日本シリーズでの広沢の三塁スタートの遅れを反省して生まれたギャンブルスタートは、一死三塁、打者が8番土橋、すなわち次が投手という場面でよく使った。さらにこれをヒントに、どうも犠飛が打てそうもないと直感したら三塁走者と打者でヒットエンドランの奇策をあみ出すことになった。