RSS

タグ : 権藤博 13件あります

権藤博が語る大谷翔平と投球時の体の使い方

本日の日経朝刊スポーツ欄のコラムより。

才能が一気に開花しそうな大谷翔平について。
権藤氏は大谷のイニング間のキャッチボールの様子に目を引かれたという。

ふわー、ふわーっつと楽に投げている。一方、同期の阪神・藤浪晋太郎はベンチ前でビュンビュン投げる。投球はいかに力を抜くかだから、あんなところでしゃかりきになるようでは…… と思っていたので、大谷の力の抜け具合が際立った。

続きを読む

権藤博が語るベンジャミン・オグリビー

日経朝刊に時々コラムを書いている権藤さん。
今回は、80年代後半に近鉄に在籍していたオグリビーについての話だった。

権藤氏曰く

「こいつは格好いい。本物の男だ」とうならされた一人だ

MLBのブルワーズ時代にはホームラン王も獲っているスラッガー。
来日時には峠は過ぎていたが、ボールがつぶれそうなインパクトの強烈さに応援の名残りがあったという。

「ベンジー」の愛称で慕われた彼は、立ち振る舞いのすべてに、気品を漂わせていた

彼の人となりについてはまったく知らなかった。
そして、権藤の記憶に強く残っているエピソードが以下だ。

日生球場でロッテの抑え、牛島和彦からサヨナラ本塁打を放った。連続セーブ記録がかかる相手だったからか、いつもは寡黙にベースを回るのに、このときばかりは三塁のあたりでガッツポーズをした。そこからベンチに入るまで数秒だったはずだが、もう神妙な顔になっていた。
「思わず興奮してしまった。牛島に謝りたい」

彼は本塁打を打ってもゆっくり走らなかった。
「投手にとってつらい時間だから、早くしないと」
それほど相手のプライドを気にかけていたから、自分の軽率な行動が許せなかった。

もう1つ紹介されていたのが、オグリビーのMLB時代の、ノーラン・ライアンとの対戦時のエピソード。

1打席、2打席とかすりもしない。そこでどうしたかというと、打席のたびにバットを重くしていった。950グラムほどのが最後の打席は1キロ近くになっていたそうだ。

バットを軽くした方が当てやすそうだが、それでは球勢に負けるし、プライドが許さない。
「軽くしたら負けなんだよ」と言っていた。

いずれも、一流のプレーヤーとしての心意気が感じられる。

斎藤佑樹(2) プロに入って

Number 774号 ルーキー秘話。~プロ野球大型新人伝説~(2011年3月10日発売) 』より。

2010年秋のドラフトで、4球団競合の末、日本ハムに1位で入団した斎藤佑樹。
同年12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、2003年の新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われるなど、注目度合いは著しく高かった。

大学時代もずっと注目され続けてきたという経緯もあってだろう、彼はどんなに注目されても浮かれることはない。
少なくとも、浮かれている様を人に見せることはない。

甲子園で勝ったこと、神宮で日本一になったことは、今の自分の支えにはなってはいるが、今の自分を励ましてくれるものではない。今はもう、とにかく上しか見てない。

彼はどちらかというと、技術よりも考え方、自分の律し方という面で、プロフェッショナルだなと思わされる。

打たれたシーンはあまり覚えてない。抑えたシーンのほうを覚えている。たとえばホームランを打たれて負けたとしても、あの一発で負けたというふうには考えない。むしろ、あの一発がなければ勝てたと考える。別に、そう思おうとしているわけではなく、ホントに思っている。

続きを読む