RSS

タグ : 日経電子版 3件あります

イチローの変化と残してきた言葉

日経電子版上で、鉄村和之氏と丹羽政善氏のセミナー(?!)の様子が記事となっていた。
イチローの打撃変化 持ち味のゴロ増すも三振率高く

2014年のイチローは、打率こそ.284と、初めて3割を下回った2011年以降ではもっとも良い数字を残したものの、ヤンキースの起用方法もあり、打席数は.385にとどまる結果となった。

丹羽氏はイチローのゴロ率に着目。
続きを読む

日米のキャンプでの練習の違い

日経電子版での田口壮氏のコラム第二回。
今回はMLBのキャンプについて。

MLBでは、レギュラーシーズンで162試合、ポストシーズンを入れると180試合前後の試合が組まれている。
日本と比べると過密日程で、仮に雨でも、試合ができるようになるまで何時間も待ち、流れたら翌日ダブルヘッダーを組んでゲームをこなしていく。

その分、キャンプは緩い。
当然、田口も1年目のキャンプではその緩さに驚いたという。

2002年、オリックスからカージナルスに移籍した私も練習が少ないのには面くらいました。いわゆる「全体練習」が短いのはわかっていましたので、あとは投球マシンを相手に打ち込もうと考えていたら、これが大誤算。チームでたった1台しかないマシンが壊れていて使えなかったのです。

壊れているのもどうかと思うが、何より1台しかマシンがないというのも驚き。

オリックス時代は全体練習が終わったあとに、2時間、3時間とマシン相手にカンカン打ち込むのが普通でしたから、不安でした。

振り返ってみると、キャンプから飛ばしていたら、とてもじゃないけれどもたなかったなあ、とわかったのです。

その後、田口はフィリーズやカブスへ移籍しているが、どのチームでもキャンプ中にマシン相手に打ち込むようなことはなかったとのこと。

シーズン中には練習の効率化のためか、ちゃんとマシンを用意してくれるのですが、キャンプではまず使いません。唯一のマシンが故障していたカージナルスで、誰一人不満の声をあげなかった理由もよくわかりました。

マシンを相手に体力を使うくらいなら、ほかの練習をする。どうしても打ち込みたければ、コーチや同僚に「ちょっと投げてよ」と一声かけて、投げてもらう。それがメジャー式なのでした。

「ちょっとくらいハードな練習で倒れているようではしょせんそこまでの選手」というのが、日本の伝統的な考え方だとすると、メジャーでは「そんなに長時間練習しなくてはならないような選手はしょせんそこまでの選手だ」となるわけです。

そこまで日米の哲学には差があるということか。

田口壮のコラムが日経電子版でスタート

田口壮のコラム「ポストゲームショー」が日経Web刊で2/25よりスタートした。隔週で連載するらしい。

TVで時々見るに、彼の話は視聴者目線で、自分の実績を過度にアピールすることもなく聞きやすいので、この連載も楽しみだ。

初回は 『巨人、西武、広島…キャンプに見る伝統の力』。

各球団ごとに歴史や伝統があり、例えばオリックスには「外野手の伝統」があったという。

福本豊さん、簑田浩二さん、山森雅文さん、本西厚博さん……。前身の阪急時代から、名外野手を送り出してきたオリックスでは「外野守備だけはどこにも負けてはいけないのだ」という意地のようなものが受け継がれてきました。

その伝統を守るための練習は厳しく、一通りの練習をこなしたあとに千本ノックとも言うべき厳しい外野ノックが待っていた。
田口とイチローの2人を相手にノックをしてくれるのは小林晋哉コーチだ。

田口氏は各チームのキャンプを回って印象に残った点をあげている。

巨人は、二軍選手の礼儀正しさ。原監督に伝えると、一言「ジャイアンツだからな」と言ったのこと。

昔から投手王国だった西武はブルペンに特徴がある。他の球団ではスペースの関係もあり、ブルペンは投球と報道陣のための必要最低限の広さになっているが、西武では長めの距離で投げようと思えば投げられるだけの広いスペースをとっている。本来の距離より長い距離から投げることで、質のよい球が投げられるよう練習するニーズ等に応える作りにしているのだ。
また、捕手に立ってもらったままで投げる「立ち投げ」では、各投手が高めの直球を意識して投げている様子が伺えたという。

広島は、昔から猛練習で有名。

野村謙二郎監督の現役時代は午前中のメニューがランニングやダッシュだけという陸上部みたいな練習で、へとへとになってからやっとボールやバットを握るという具合だったと言います。

現在はさすがにそこまでの練習はしておらず、野村監督に聞くと「昔みたいにきつくしたら選手がついて来ないよ」とのこと。

ただ、その当事の名残は残っており、全体練習の後、石井琢朗コーチによる内野ノックでは、横に走ったり飛び込んで捕ったりするゴロは打たず、野手の正面か、逸れても2、3歩動けば捕れるところにゆるゆるとしたゴロを延々と打ち続け、腰を下ろして確実にボールをグラブに収める基本を徹底的に身体に覚えこませていたという。

 
<<追記>>
本文中に登場した小林晋哉コーチだが、ちょうどタイミング良く、ソチ五輪フィギュアスケートの羽生の隣で仰天顔だった女性が、奥さんだということで、話題になっていた。
こちらのZAKZAKの記事 『DeNA小林晋哉スカウトを直撃 妻は羽生の隣で仰天顔だった日本スケート連盟強化部長』 で、イチロー相手に3時間に及ぶノックを浴びせ、仰木監督が「いい加減にしておけ」とストップをかけたこともあるエピソードが紹介されていた。
今はDeNAでスカウトをやっているんだ。