RSS

タグ : 川邉忠義 1件あります

FA移籍に伴う人的補償の歴史

NEWSポストセブン『FA移籍の「人的補償」の歴史 成功例は福地、赤松、工藤など』より。

まず、前提としてFAでの”人的補償”について。
各球団の、外国人選手を除く選手を年俸ランクで、1~3位をAランク、4~10位をBランク、11位以下をCランクとランク付けした場合、ランクがAもしくはBの選手がFA移籍する場合、選手が流出する球団は人的補償を要求できるというルールがある。

そして、人的補償対象として指名できないのは以下の3つ。

・プロテクトした28名の選手。
・FA権取得により日本人扱いになった選手を含む外国人選手。
・直近のドラフトで獲得した新人選手。

 
では、実際に人的補償として移籍した選手の話へ。

— ad —

1993年オフにFA制度がスタートした日本球界では、これまで人的補償で15人が移籍している。1990年代は、川邉忠義が巨人から日本ハムへ移ったのみだったが、2000年代に入り、その数は急増した。

ちなみに、川邉は河野博文の人的補償だった。

2008年は人的補償の当たり年だった。西武へFAした石井一久の代わりに、ヤクルトへ入団した福地寿樹は打率3割2分で打撃ベストテン6位に入り、盗塁王を獲得。2012年に引退するまで、毎年2ケタ盗塁を続け、ヤクルトに欠かせない選手となった。今年からはコーチに就任。福地にとって、人的補償が野球人生の道を拓いたといえるだろう。

阪神へFAした新井貴浩の代わりに、広島へ入団した赤松真人は前年わずか28試合だった出場数が125試合まで増加。新天地で活路を見出し、翌年は初の規定打席に到達。2010年には、フェンスによじ登って、ホームラン性の当たりをキャッチするなど、すっかり広島の看板選手となった。

また、中日へFAした和田一浩の代わりに、西武へ入団した岡本真也は47試合にリリーフ登板し、日本一に貢献。中継ぎとして、貴重な役割を担った。

FA選手よりも人的補償選手が好成績を残す場合もある。2006年、巨人は中日から野口茂樹を獲得。かつてのMVP投手は期待を寄せられたものの、わずか1試合の登板に終わる。野口は2008年限りで巨人を戦力外通告に。代わりに、中日へ移った小田幸平は、谷繁に次ぐ貴重な2番手捕手として、未だに現役生活を続けている。

野口のケースは余りに特殊だから参考にならないだろう。
小田も捕手というポジションの特殊性がある。

2007年、巨人は横浜から門倉健を獲得。2年連続2ケタ勝利の門倉は開幕2戦目に先発するなどローテーションの一角として期待されたが、なかなか勝てず、1勝5敗でシーズンを終えた。いっぽうで、門倉の代わりに横浜へ移った工藤公康は先発として7勝を挙げ、チームの4位浮上に貢献した。

前年の工藤は推定年俸2億9000万円ながら3勝に終わった。
一方門倉は、前年10勝を上げ、FA移籍して2年契約で総額2億円プラス出来高払い。
結果論かもしれないが、巨人の戦略が誤っていたとも言いにくいところ。

 
いずれにしても、FAだろうとトレードだろうと補償要員だろうと、その境遇を前向きに捉えていける人でないと、生き残っていけない世界であることは間違いない。