RSS

タグ : 井端弘和 3件あります

家族からの愛が支えとなりWBC2次ラウンドMVPに 井端弘和

女性自身『中日・井端 眼病克服に「私の角膜移植を…」夫人の献身愛』より。

巨人への移籍が報じられている井端。
今年3月の第三回WBCでは、期待を上回る大活躍で2次ラウンドのMVPに輝いた。
さぞや浮き沈みの激しい1年間だっただろう。

以前の投稿でも触れたが、井端は眼に問題を抱えていた。
この記事は、妻・明子さんへのインタビュー記事ではあるが、その”眼”についての苦労にも触れられている。

井端が最初に目の不調を訴えたのは2009年の始めにグアムに自主トレに行ったときだった。2008年に視力矯正手術を受けているからその影響もあったのだろう。

電話で『目が腫れて痛いんだよね』と言うんです。帰ってきて、主治医に診てもらうと”ヘルペス”という診断でした。

診断は『上皮角膜ヘルペス』というウイルス性の目の炎症。打席ではボールがぼやけて見え、守備では飛んできた打球を感覚だけで取らなければならない状態だったという。

凄いことに、この年(2009年)は主に1番打者として全試合に出場し、4年ぶりに打率3割を達成している。しかし翌年2010年は、53試合しか出場できなかった。
2011年は戦列に復帰し104試合に出場するも、打率は過去最低の2割3分に落ちた。

家にいてもテレビも見られず、ただ痛みをこらえていたという感じで、いちばん辛かった時期です。そのシーズンに、主人は引退を考えました。朝4時頃まで話して、手を尽くして治療してきても回復の兆しがなくて、『いますぐやめたい。明日チームに報告して球団に言う』って。最後は『治る手はないか私が全部調べるから、それでもダメなら』と二人で納得したんです。

明子さんは目の専門医を調べ、評判の病院には自ら足を運んだ。メガネ屋さんで特注コンタクトの相談もした。
さらに、

私は視力がいいので、網膜とか角膜とかを主人に移植できないかと思って、病院の先生に『移植はできないんですか』と相談しました。主人は笑いながら聞いていましたが、私の目が150キロの球を打つのに役立てば……と思って。実際には『移植は無理です』と先生に言われてしまいましたが。

献身的な愛情を受け、眼の状態も快方に向かい、2012年のシーズン、ようやく症状が落ち着いた。

そして、WBC。

WBCでは明子さんは日本代表の試合をすべてスタンドで観戦していた。
さらに、元気づけようと、日に日に成長する子供の姿などを動画に撮って井端に送っていたという。

家族からの愛情が井端を救ったと言っても過言ではないだろう。
新しい環境でも、彼にしか出せない味を出して活躍してほしいものだ。

井端弘和のターニングポイント

エキサイトレビュー「頼りになる2番打者、井端弘和の強さの秘密」より。

2013年の開幕前の時点で、これまで出場した1611試合のうち、2番で出場した試合は1400試合を上まわるほどの、2番打者中の2番打者である井端。

井端を鍛え方次第で優れた2番打者になるかもしれないと目をかけたのが、当時の中日二軍監督だった仁村徹。自身も2番打者として職人技とも言える流し打ちを得意としていた仁村は、その右打ち、そして送りバントなど、自分の持っている2番打者としてのイロハを井端に伝えていったという。

その仁村との驚くエピソードがこれ。

井端がある試合でホームランを打ち、喜んでベンチに戻ったとき、ベンチ裏に井端を呼んで思いっきり殴ったのだ。

「必死になって身につけている2番打者としての技術をおざなりにするんじゃない。いま好き勝手にバットを振り回していたら、これまでやってきたことがすべて無駄になってしまうんだぞ。そのあげく、せいぜい控えの守備要員で終わってもいいのか」
仁村の拳にはそういう教えがこもっていたと井端は思ったという。

— ad —

逆に面白いのが、落合が2004年に監督に就任した時の話。
落合は井端に対し、「おれが右打ちしろというサインを出さない限り、右打ちはするな。チャンスのときは4番になったつもりでいけ」という指示を送ったという。

当時井端はキャリア7年目。既に実績を残していたからこそ右打ちの癖がなかなか抜けなかった。そして右方向へ打球を放つと、それがヒットであってもアウトであってもベンチに戻るたび、「なんであっちに打ったんだ?」と監督から問いつめられたという。

そして、ある試合で、井端はついにサードゴロで凡退する。
それに対し落合は、試合後記者達に対して

今日は井端のサードゴロが一番の収穫といえば、収穫だな。意味? ああ、君たちはわからなくて結構

とコメントしたのだ。

井端曰く

右打ちしなければならない条件のある場面では、そういう2番の仕事をしなければいけない。でも、それ以外の場面だったら、左へ引っ張ったほうがいいこともある。チャンスも膨らむし、点も入る。

あの打席ではセカンドゴロではなくサードゴロを打つことができた。

落合さんに教えられた打撃ができるようになっていたわけですね。こういうことを続けて行けば、自分もチームも、次の段階へ進んでいける

この記事は、スポーツライター赤坂英一氏の著作「2番打者論」のレビュー記事。この本が読みたい気持ちがうずかずにはいられない。

3度もレーシック手術を受けた男 井端弘和

週刊文春の2010年11月4日号『野球の言葉学』より。

井端の眼がレーシックの手術か何かが原因でおかしいという話は知っていたが、それについて触れられている記事を発見。

一昨年に視力矯正手術を受け、その後の経過が思わしくない。昨年はキャンプで目の異常を訴えたが、シーズンはフル出場してゴールデングラブ賞も受賞した。しかし、今期はキャンプで再発すると、シーズン中も二度、チームを離れた。7月25日に登録抹消されると、最終戦で再登録されるまで、後半戦はほぼ棒に振ってしまった。

 
「井端は三度も視力矯正手術を受けています。しかし、視力は回復せず、逆に角膜がほとんどないような状態になってしまった。 そのためすぐに炎症を起こして、視力が急激に落ちてしまうようです」(担当記者)

 
もともとはコンタクトを使っていたが、極度のドライアイで試合終盤になると、イニングの間に目薬を差しても、間に合わなくなるほどだった。 矯正手術は、そういう煩わしさを解消して、プレーにもプラスに出るはずだったが。

今年はショートに戻ったこともあるのか調子は良さそうなので一安心。
果たして、目は良くなったのだろうか。

<追記>
どうやら、直接の問題は「上皮角膜ヘルペス」という症状だったとのこと。
(参考 『井端弘和選手(プロ野球) | レーシック手術を受けた有名人まとめ』)