RSS

タグ : 中村剛也 1件あります

早くその覚醒した姿を見せてほしい 中村剛也

Number Webでの中村計氏のコラム「清原、秋山、石井を越えるその才能。中村剛也が60本打てないはずがない。」より。

西武の前バッテリーコーチの光山英和は、中村を評してこう言う。

今まで清原とか、秋山さんとか、石井さんとか、いろんなホームランバッターを見てきたけど、ホームランを打つことに関しては、あいつが断トツ。ボールの飛び方がぜんぜん違う。ちょっと次元が違うね。ああいうのが、ほんまのホームランバッターって言うんやと思う

ホームラン打者にとっては、いかに楽に打席に入れるかが大事だという。

ブランコが、中日からDeNAに移籍した2013年序盤にホームランを量産した理由は、前打撃コーチの高木豊によると

球場が狭くなって、ボール球を振らなくなった。中日時代は球場が大きいので、振らなきゃいけない、というのがあったんだろうね

また、バレンティンが覚醒した理由も似ており、ヤクルト打撃コーチの池山隆寛によると

— ad —

最初の何本か、立て続けに右方向へホームランを打った。それで『今年のボールは飛ぶ』と。あれで心理的に楽になったんだと思う

中村も2011年に、似たような話をしていたという。

飛ばない、飛ばないっていう報道がバンバン出ていたので、自然と力んでいた。でもあるとき、詰まっても飛ぶんだなというのがわかった。そこから打席の中で余裕を持てるようになった

その結果、飛ばないボールを使っていたにもかかわらず、48本ものホームランを量産した。

千葉ロッテの井口によると、同じホームランバッターでも中村とジャイアンツの阿部慎之助では全くスイングが違うという。

おかわり君は、ぜんぜん振ってるように見えないんですよね。かるーく振ってる感じ。それできれいにバットにボールを乗せて運ぶ。あれはなかなかできない。慎之助なんかは、ブンブン振ってるように見えるからね

中村自身も

最低限、振れる力で振りたい。7割、8割ぐらいの感覚ですかね

と語っている。

さらに、バットの材料の違いにも中村の打撃の特徴がよく表れている。
バレンティンはメープルの中でも特に硬質な素材を好んで使っているのに対し、中村はメープルは反発するからとしなりがきくアオダモにこだわる。

バットに長い時間、ボールが接地している感覚を大事にしたいんです。どれだけバットをしなやかに、やわらかく使えるか。それを追求してる。僕はパワーではなく、技術で打ってると思ってるんです

やわらかくしなやかに振るという意味では、引退した広島の前田にも通じるところがあるように思える。