RSS

タグ : ピッチャー 9件あります

桑田真澄が現役時代を簡潔に振り返る

SEGAのゲーム『野球つく!!』のプロモーション用の記事に、桑田真澄が登場し、簡潔ではあったが現役時代を振り返っていたのでメモ。

 
プロ1年目の1986年、2勝に終わった桑田。
高校時代があまりに華やかだったから、この結果自体は世間からすると期待外れだった。
続きを読む

山本昌が説く「先発投手が勝つためのレシピ」

テレビの野球解説を聞いていてもわかるが、山本昌の話は面白い

あんなに長くの現役生活を送ってきたのだから、いろいろ考えてやってきたに違いないが、そのやってきたことをきちんと言葉にできる、数少ない方だろう。

日経にもコラムの連載が開始され、それを読むのが楽しみになりつつある。
以下は、本日の日経朝刊の山本昌氏のコラム「先発勝ち投手の『レシピ』」より。
続きを読む

中継ぎや抑え投手はなぜイニングまたぎが嫌なのか

木曜日経、おなじみの権藤さんのコラムから。

先日のプレミア12の韓国戦で、則本昂大の投手交代タイミングが俎上にあがっていたことからか、中継ぎや抑え投手がイニングをまたいで投げる問題点について触れている。

イニングをまたいで投げたとしても、打者が一人や二人増えるだけで、そんなに変わるのかと思いがちだが、そうではないと言う。 続きを読む

DeNA久保康友のクイックモーションの速さ

本日の日経朝刊、篠山正幸氏のコラムにて、西鉄の稲尾や巨人の別所は、適度に打たれるが、ランナーが出るとスイッチが入って抑えると。そのハラハラドキドキ感がたまらなくて、エースたるもの適度に打たれなさいという自論を展開していた。

そっちのほうが確かにハラハラはするが、果たしてエースがそうあるべきかというと……その判断は個人に任せるとして、そのコラムの中で、DeNA久保康友のクイックモーションが凄いと絶賛されていたのが気に留まった。
続きを読む

権藤博と森繁和が語る投手論

ちょっと昔(2013年)の記事だが、Number Webに掲載されていた『<プロフェッショナル対談> 権藤博×森繁和 「修羅場を制する投手論」』より。

まずは権藤さんによる仰木さん評。 続きを読む

山本昌と川村丈夫の共通点

12/11の日経本紙上での権藤さんのコラムより。

「腕の振り」の重要性については、プロ野球の中継でもしばしば耳にする。
解説者の多くは、変化球を投げる際にストレートと同じ振りで投げれるかどうかが重要だと説く。
続きを読む

権藤流投手交代のタイミング

日経朝刊連載の権藤さんのコラムより。

今回は、試合中の監督や投手コーチがもっとも頭を悩ますといっても過言ではない、投手交代のタイミングについて。
果たして権藤流とはどんな内容か。
続きを読む

権藤博が語る岩瀬仁紀の凄さ

毎週の楽しみになっている、日経の権藤氏のコラム。
今日は、先日前人未到の400Sを達成した、中日の守護神、岩瀬仁紀投手について。

そもそも「リリーフ」というポジションについて権藤氏はこう評する。
続きを読む

権藤博が語る大谷翔平と投球時の体の使い方

本日の日経朝刊スポーツ欄のコラムより。

才能が一気に開花しそうな大谷翔平について。
権藤氏は大谷のイニング間のキャッチボールの様子に目を引かれたという。

ふわー、ふわーっつと楽に投げている。一方、同期の阪神・藤浪晋太郎はベンチ前でビュンビュン投げる。投球はいかに力を抜くかだから、あんなところでしゃかりきになるようでは…… と思っていたので、大谷の力の抜け具合が際立った。

続きを読む