RSS

権藤博と森繁和が語る投手論

ちょっと昔(2013年)の記事だが、Number Webに掲載されていた『<プロフェッショナル対談> 権藤博×森繁和 「修羅場を制する投手論」』より。

まずは権藤さんによる仰木さん評。 続きを読む

清原和博の歩んできた「男道」:子供時代~PL学園編

清原和博のことを、自分は好きなのか、嫌いなのか。
取り立ててファンだったことはないし、敢えてその動向に注目したこともなかった。

しかし、PL学園でのKKの活躍には、小さい頃の自分は胸を躍らせていたし、まぎれもない時代の寵児であったし、やはり、時間が経っても自分にとってのヒーローであることに変わりはなかった。(PL時代は、私はどちらかというと桑田派ではあったが)
続きを読む

山本昌と川村丈夫の共通点

12/11の日経本紙上での権藤さんのコラムより。

「腕の振り」の重要性については、プロ野球の中継でもしばしば耳にする。
解説者の多くは、変化球を投げる際にストレートと同じ振りで投げれるかどうかが重要だと説く。
続きを読む

イチローの変化と残してきた言葉

日経電子版上で、鉄村和之氏と丹羽政善氏のセミナー(?!)の様子が記事となっていた。
イチローの打撃変化 持ち味のゴロ増すも三振率高く

2014年のイチローは、打率こそ.284と、初めて3割を下回った2011年以降ではもっとも良い数字を残したものの、ヤンキースの起用方法もあり、打席数は.385にとどまる結果となった。

丹羽氏はイチローのゴロ率に着目。
続きを読む

落合博満のソープ伝説の真相やいかに

落合がソープ好きだったのは有名な話。

愛甲猛氏が、コラムニスト/プロインタビュアーである吉田豪氏との対談(2002年3月)で、以下のように語っている。
続きを読む

里崎智也の興味深いキャッチャー論

引退が惜しまれる千葉ロッテの里崎智也選手。

THE PAGE に興味深いインタビュー記事(『引退・ロッテ里崎が野村克也氏、古田敦也氏より優れていた知られざる記録』)が掲載されていたので紹介。

THE PAGE の記事タイトルにもある、里崎が持つ記録とは、1000試合以上出場している捕手の中で、捕逸、すなわちパスボールの通算記録が最も少ないというもの。
続きを読む

権藤流投手交代のタイミング

日経朝刊連載の権藤さんのコラムより。

今回は、試合中の監督や投手コーチがもっとも頭を悩ますといっても過言ではない、投手交代のタイミングについて。
果たして権藤流とはどんな内容か。
続きを読む

下柳剛が語る伊良部秀輝

スポニチアネックスの連載で、弟のように可愛がっていた伊良部について書いている。(『酒の席でいきなりシャドーピッチング 野球の虫だったラブちゃん』)

あの伊良部を「ラブちゃん」と呼ぶほどの間柄。 続きを読む

赤星憲広が明かす難解な岡田監督の会話

デイリースポーツオンラインの『 元阪神・赤星氏 岡田語に冷や汗だった 』より。

8/26放送予定の関西ローカルのTV番組「痛快!明石家電視台」の収録時に出たエピソード。
続きを読む

権藤博が語る岩瀬仁紀の凄さ

毎週の楽しみになっている、日経の権藤氏のコラム。
今日は、先日前人未到の400Sを達成した、中日の守護神、岩瀬仁紀投手について。

そもそも「リリーフ」というポジションについて権藤氏はこう評する。
続きを読む