RSS

80年代ルーキー秘話(1)

Number 774号 ルーキー秘話。~プロ野球大型新人伝説~(2011年3月10日発売) 』より。

定岡正二 & 西本聖

西本は1年目からきれいに勝とうなどとは考えていなかった。内角を抉るシュートを覚えると、多摩川のブルペンでの居残り練習で完成度を高めていく。一方の定岡はスライダーを主体にしたきれいなピッチングにこだわった。

ライバルに闘争心を燃やして人一倍努力し、実力を高めていく西本聖。
今の時代にはなかなかここまでの人は現れない。

江川へのライバル心にはついては、「二人のエース<江川卓vs西本聖>」で触れられている。

— ad —

原辰徳 & 篠塚利夫

原が守ることになったセカンドは、一つ年上で高校時代から仲の良かった篠塚と同じポジション。「2人を競い合わせて育てていく」と藤田監督は強調したが、気のやさしい篠塚はライバルの原に対しても「巨人のしきたり」を何くれとなく教えた。のちに中畑の故障で原はサードに転向することになるが、監督就任後も「あの時の恩は忘れない」と篠塚の面倒を見た。

確かに、原が初めて監督となった2002~2003年は、前年までの長嶋ジャイアンツのコーチだったこともあり篠塚はコーチを継続。2003年シーズン終了後に二人とも解任され、第二次原ジャイアンツが2005年シーズン後に発足すると、篠塚もコーチとして復帰している。

荒木大輔

神宮球場での練習には女学生が押しかけ、選手たちはろくろくトイレにも行けないほどだった。そんな選手たちの苦情を聞き入れた球団は、混乱回避のために球場と選手サロンとの間にトンネルを建設。このとき作られた地下通路は通称「荒木トンネル」と呼ばれ、現在も当時のままに残されている。

その荒木トンネルの写真がこちら。
arakitonnel

藤王康晴

地元・中日に請われて入団した享栄高の藤王は、先輩の田尾や藤波らに可愛がられ、よく飲みに連れて行かれた。1年目で34試合出場、打率3割6分1厘は立派だが、地元ファンの贔屓の引き倒し、18歳の若さゆえに夜の練習よりも夜の街に溺れてしまった。

新人で背番号1を背負っていたし、名前もなんだか強そうな名前で、子供心に強く印象に残っている選手の一人である。

斎藤佑樹(2) プロに入って

Number 774号 ルーキー秘話。~プロ野球大型新人伝説~(2011年3月10日発売) 』より。

2010年秋のドラフトで、4球団競合の末、日本ハムに1位で入団した斎藤佑樹。
同年12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、2003年の新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われるなど、注目度合いは著しく高かった。

大学時代もずっと注目され続けてきたという経緯もあってだろう、彼はどんなに注目されても浮かれることはない。
少なくとも、浮かれている様を人に見せることはない。

甲子園で勝ったこと、神宮で日本一になったことは、今の自分の支えにはなってはいるが、今の自分を励ましてくれるものではない。今はもう、とにかく上しか見てない。

彼はどちらかというと、技術よりも考え方、自分の律し方という面で、プロフェッショナルだなと思わされる。

打たれたシーンはあまり覚えてない。抑えたシーンのほうを覚えている。たとえばホームランを打たれて負けたとしても、あの一発で負けたというふうには考えない。むしろ、あの一発がなければ勝てたと考える。別に、そう思おうとしているわけではなく、ホントに思っている。

続きを読む

斎藤佑樹(1) 高校・大学時代

Number 774号 ルーキー秘話。~プロ野球大型新人伝説~(2011年3月10日発売) 』より。

小さいころの野球は、”おもしろい”。楽しいというふうには感じなかった。楽しかったのは、やっぱり高校3年の夏と、大学4年の秋の野球。やっぱり、結果を残していくことで世の中が注目してくれるんで、結果を残していくときが一番、楽しい。

単純に、人よりたくさんの苦労をして、よりよい結果を出すことに快感を覚える。高校のときは、高校2年の夏まで苦労をしてきて、そこから3年の一年間、頑張ってやってきたことの結果を出せた喜びだった。大学のときは1年、2年、3年と苦労が増えて、最後に結果を出せたことへの喜び。これはもう、すごく快感だった。

中学生まで野球を本気でやってきたつもりだったが、でも、本気の野球は知らなかった。早実に入っても、最初は何も背負っていなかったと思う。自分中心で、上だけを見ていた。早くエースになりたいという気持ちだけ。当時は、自分自身がプロ野球で活躍するためにどういうシナリオを描いていくかということばかりを考えていた。

甲子園では後先も考えず、怖いもの知らずだった。ただ、自分がうまくなりたい一心で、ノーマークの状態で勝ち上がった。優勝まで、邪魔するものは何もなかったという感じだった。

甲子園のことはできすぎだ、本当の自分じゃないって自分に言い聞かせていた。自信はあった。でも、できてるうちは「できすぎだ」って思うようにしていた。

大学1年のときはいろんなことが、あまりにも簡単だった。しかも、大学1年でトップを見たから、もうそれ以上はなくなってしまった。

3年になって、そのまま行けばよかったのに、「このままでいいのか」って考えてしまった。今後10年、15年の野球人生、これでいいのかと考えて、新しいことにトライしてみた。そこでちょっとブレーキを踏んでしまったという感じ。

もっと簡単に考えればよかったという思いはある。今は、完全じゃないけど、取り戻せた感覚はある。

スコアラー福田功氏 分析のポイント

『Baseball Times 20091130号』より。

分析のポイント。

投手は、まず癖がないか。球種はただの持ち球だけではなく、握りから変化に至るまでの詳細。あとは主たる攻め方。クイックはできるのか。

打者も、コース別に強いところ、失投しても大丈夫なところなどの特徴。足は速いのか、盗塁はできるのか。これ以上は企業秘密。

アメリカやプエルトリコはパワー溢れる野球。柔らかさとパワーを兼ね備えているのが、キューバとドミニカとベネズエラ。特にドミニカは民族性なのか、関節が非常にやわらかくて体がしなやか。だから日本と同じように好投手が育つ環境にある。

糸井重里とスポーツ記者赤坂英一の対談が面白すぎる

ほぼ日刊イトイ新聞で8回にわたって連載されていた、糸井さんとスポーツ記者である赤坂氏の対談『こういうやつが、いたんだよ。』。

赤坂氏の著作『キャッチャーという人生』にまつわる話が多いが、とにかく面白くて、この本もつい購入してしまった。

この本を読んでの糸井さんのキャッチャーへの印象。

村田選手って、けっこうしゃべるんですよね。
ちょっと不器用なイメージがあるから、寡黙な感じがしないでもないけど、ちゃんとことばにできる人、というか。

そんなに言葉にできる人、なかなかいないですよね。
語ってる思い出話も全部的確だし。

キャッチャーってとにかく、記憶の塊ですよね。

キャッチャーというのは、「ことばの人生」なのかもしれないですね。

続いて、巨人が西武に4連敗した1990年の日本シリーズについて、今はいずれも監督となった原辰徳、渡辺久信に訊いた時の話。

巨人では、西武の情報をいっぱい与えられたんですって。
詰め込まれすぎた結果、かえって萎縮しちゃった。
でも、西武ではそうじゃなくて、いろんなデータがそろっているなかで首脳陣が取捨選択して、「これだけを覚えればいい」という情報だけを伝えたそうなんです。

でも、いまはまったく逆で、全部詰め込めばいいんですって。
なぜかというと、いまの選手は小さいころから携帯電話があったりパソコンがあったりと、情報の洪水の中で育ってる。
要するに、昔の選手たちとは情報処理能力がぜんぜん違うわけです。
だから、思ったこととか感じたこととか全部、言ってやりゃいいんだと。

さらに、西武の打撃コーチのデーブ曰く

俺たちだったら、一度にあんなにいろんなこと言われたら大混乱したと思うんだけど、片岡とか栗山なんかは平気で全部吸収しちゃう

続いて、赤坂氏が敬愛する藤田元司について。

村田にインタビューしてるとね、藤田さんのことをしゃべりだすと止まらなくなるんですよ。
で、内部の話ですから、おおっぴらにしゃべっちゃいけない話もあるんです。
たとえば、藤田さんがどんなふうに自分をフォローしてくれたか、とかね。
藤田さんが選手に謝っていた話とかね。
話しはじめるとあふれちゃうから、必ず「ちょっと止めてくれる?」って録音を止めさせるんですよ。
こっちとしては、総合的にとってもいい話だからそれは書いたほうがいいんじゃないかって思うんだけど、「それは書いたらあかん」の一点張りで。

藤田さんにまつわるそういう話は、たとえば水野に聞いても出てくるんですけど、やっぱり「書いてくれるな」って言うんですよ。

それは、尊敬ですよね、藤田さんへの。

それほど尊敬されている人物だとは知らなかった。

糸井さんも藤田氏とは親交が深かったとのこと。

「人間は間違うんだから、年上とか年下とか関係なくちゃんと謝らなきゃダメだ」って話は藤田さんからうかがったことがあります

水野が語った話で特に印象深い藤田氏の話。

1990年の開幕戦。
篠塚さんがポール際に打ったホームランがファールかどうかでもめた試合です。

あれで同点になって、けっきょく延長12回まで行くんですけど、あの試合の先発は斎藤。
で、7回から延長12回まで、ひとりで投げてたのが、じつは水野なんですよ。

誰も覚えてないでしょう?

でも、藤田さんは見てるんです。
開幕戦の延長を抑えてくれた水野を見ていて、覚えていてくれるわけですよ。
そういう使われかたをしてもくさらず、ずっと投げているから彼は一軍から落とされない。

水野曰く

藤田さんと過ごした3年間、あれがあるとないとでは、
ぜんぜん違った野球人生になっただろう

このように藤田氏の影響は今の首脳陣世代に強く残っていると。
そして、特に原に藤田の影響を強く感じると二人は言う。

糸井さん

たとえば、試合後のコメントで、若い選手にわざとキツい言い方をして、ネジをぎゅーっと締めるところとか。
かと思うと、成績としてはよくなくても、「ああいうことでいいと思います」
結果じゃない部分を評価したりとか。

赤坂さん

あとよくやるのが、二軍から上げたばかりの若手をすぐに使う。
で、うまく活躍したときに、ほめたいと思うんですよ、ほんとは。
だけど、それを押し殺して、
「まあ、今日のところは、日々の彼の練習がいい結果につながった、というところまでしかコメントできませんね、監督という立場では」という感じで。

記者の立場としてはね、「またつまんないこと言ってる」って思うんですけど、よく考えたら、藤田さんも、なんにも言わない人でしたよ。
斎藤をあれだけの大投手に育て、ときに槙原を抑えに回し、桑田を再生し、っていう中で、「俺がああしてやったから」とか「彼らは立派だ」とか、なんにも言ってないんですよね。

藤田さんがなにか気の利いたコメントを残したとかね、名言を残したとか、ちっとも印象にないんです。

話は谷繁の話題に。上記の著作の中に登場する選手の中で図抜けた才能を持っていたと。

「持ってる」人ですよね。
たとえば村田、大久保っていうのは、逆にいうと、なにも持ってない人たちで、そこから、ないところを埋めて、上がっていった人たち。

これに対して、糸井さんが好いことを言っている。

そういう、天性のものを持った人と、そうじゃない人が混ざって存在しているのがプロ野球という世界。

そのへんのおもしろさというのは、お客さんも自然に感じるんでしょうね。
野球に限らず、その不均一なところがスポーツのおもしろさじゃないかなぁ。
いや、スポーツだけじゃなくて、どの社会もそうなのかもしれない。

赤坂氏の次の著書である二軍監督の話へ。
まずは小ネタで、巨人の岡崎。どうやら喧嘩が強いと有名なんだとか。

なんだか有名なんですよね。
でも、そうは見えないじゃないですか。
でも、当時、寮に入った若手は必ずその強さを垣間見た、という。

そして最後に、2008年の西武vs巨人の日本シリーズでの渡辺監督の采配に関して。

去年の日本シリーズの第7戦。
片岡がデッドボールで出て、走って、送って、中島の内野ゴロで同点に追いついた場面がありましたよね。

デーブと会ったとき、あの場面についての話になったんです。
渡辺監督や片岡、栗山、中島たちと、どんな話をしていたのかと。

巨人のマウンドにいたのはあのシリーズで絶好調だった越智で、正直、片岡は手も足も出ない。
そこでデーブと渡辺久信は「当たってください。当たってでも出てください」と選手たちに言ってたらしい。
そしたらインコースに来て、片岡はヒジに来たところを後ろによけずにゴーンと当たった。で、その瞬間に、「よっしゃ!」ってガッツポーズ。

で、つぎは2番の栗山。
回も詰まってるし、セオリーなら、そこで送りバントだと思うんです。
でも、デーブはこう言うんです。
「監督が送りバントのサイン、出さないんですよね」って。
かといって「打て」のサインも「走れ」のサインも出さない。
どうしたかというと、片岡が走るのを待ったんです。

あの年の西武って、「好きなときに走れ」っていう野球なんですよ。
攻守全体にわたってそういう感じで、チームバッティングで右打ちさせたりもしない。
「思い切って引っ張れ!」っていう野球でそれまで勝ってきたチームなんです。
だから、片岡に「任せちゃおう」と。
で、実際、片岡は初球に盗塁決めちゃうんです。

ただ、それは、監督が動かしたわけじゃないんです。
「どうせ走るから、任せちゃおう。ほら、走った」という流れなんですね。
あとで渡辺監督がデーブに言ったのは、
「いやぁ、送りバントも当然考えたけど、片岡のガッツポーズを観た途端、おれの頭の中からそのサインが消えたんだよ」と。

そして、バッターは3番の中島ですが、じつはあの時点で手首と脇腹を痛めてて、外野フライも期待しづらい状態だった。
だからもう、片岡の足に期待して、内野ゴロ打たせて本塁に突っ込ませるしかない。
最悪ライナーでゲッツー、ホームゲッツーもある。空振りもある。
でも、ここはサインを出して中島が叩きつけるのに期待して、片岡を走らせる。

ふつうに考えたら、リスクが高すぎると思いますよ。
でも、渡辺監督はそういうことをやっちゃえる監督なんですよね。

いや~内容が濃い対談、本当に楽しませてもらった。