RSS

カテゴリー : コラム 28件あります

FA移籍に伴う人的補償の歴史

NEWSポストセブン『FA移籍の「人的補償」の歴史 成功例は福地、赤松、工藤など』より。

まず、前提としてFAでの”人的補償”について。
各球団の、外国人選手を除く選手を年俸ランクで、1~3位をAランク、4~10位をBランク、11位以下をCランクとランク付けした場合、ランクがAもしくはBの選手がFA移籍する場合、選手が流出する球団は人的補償を要求できるというルールがある。

そして、人的補償対象として指名できないのは以下の3つ。

・プロテクトした28名の選手。
・FA権取得により日本人扱いになった選手を含む外国人選手。
・直近のドラフトで獲得した新人選手。

 
では、実際に人的補償として移籍した選手の話へ。

— ad —

1993年オフにFA制度がスタートした日本球界では、これまで人的補償で15人が移籍している。1990年代は、川邉忠義が巨人から日本ハムへ移ったのみだったが、2000年代に入り、その数は急増した。

ちなみに、川邉は河野博文の人的補償だった。

2008年は人的補償の当たり年だった。西武へFAした石井一久の代わりに、ヤクルトへ入団した福地寿樹は打率3割2分で打撃ベストテン6位に入り、盗塁王を獲得。2012年に引退するまで、毎年2ケタ盗塁を続け、ヤクルトに欠かせない選手となった。今年からはコーチに就任。福地にとって、人的補償が野球人生の道を拓いたといえるだろう。

阪神へFAした新井貴浩の代わりに、広島へ入団した赤松真人は前年わずか28試合だった出場数が125試合まで増加。新天地で活路を見出し、翌年は初の規定打席に到達。2010年には、フェンスによじ登って、ホームラン性の当たりをキャッチするなど、すっかり広島の看板選手となった。

また、中日へFAした和田一浩の代わりに、西武へ入団した岡本真也は47試合にリリーフ登板し、日本一に貢献。中継ぎとして、貴重な役割を担った。

FA選手よりも人的補償選手が好成績を残す場合もある。2006年、巨人は中日から野口茂樹を獲得。かつてのMVP投手は期待を寄せられたものの、わずか1試合の登板に終わる。野口は2008年限りで巨人を戦力外通告に。代わりに、中日へ移った小田幸平は、谷繁に次ぐ貴重な2番手捕手として、未だに現役生活を続けている。

野口のケースは余りに特殊だから参考にならないだろう。
小田も捕手というポジションの特殊性がある。

2007年、巨人は横浜から門倉健を獲得。2年連続2ケタ勝利の門倉は開幕2戦目に先発するなどローテーションの一角として期待されたが、なかなか勝てず、1勝5敗でシーズンを終えた。いっぽうで、門倉の代わりに横浜へ移った工藤公康は先発として7勝を挙げ、チームの4位浮上に貢献した。

前年の工藤は推定年俸2億9000万円ながら3勝に終わった。
一方門倉は、前年10勝を上げ、FA移籍して2年契約で総額2億円プラス出来高払い。
結果論かもしれないが、巨人の戦略が誤っていたとも言いにくいところ。

 
いずれにしても、FAだろうとトレードだろうと補償要員だろうと、その境遇を前向きに捉えていける人でないと、生き残っていけない世界であることは間違いない。

昭和43年巨人ドラフト1位 島野修の生き方

NEWSポストセブン『巨人ドラ1選手が他球団マスコットの「中の人」になった経緯』より。

島野氏の名前は記憶の片隅にあるかなという程度だった。

「黄金のドラフト」といわれた1968年。
山本浩二(広島)、星野仙一(中日)、田淵幸一(阪神)、山田久志(阪急)といった錚々たるメンバーが連なる中、巨人が1位指名したのが島野修。
続きを読む

清原のこだわりが見えた野田との1打席真剣勝負

Sponichi Annexに連載されている中川充四郎氏のコラムより。
西武OB清原氏に見た「野球人」のこだわり』。

2013年の8月30日から9月5日まで「レジェンド・シリーズ2013」と銘打って、パ・リーグの各球団は往年のユニホームを着用。それに関連したイベントとして、8/30の試合前に西武OBの清原とオリックスOBの野田が「1打席真剣勝負」を行なった。

打席での清原の表情は真剣そのもので笑顔はなし。とはいっても右前に落とした対戦後には笑顔を見せた。その後、右打席をならしたのは、昨年の自身の始球式後にマウンドをならしたのと同じ気持ちからだろう。

もう一つ感心したのは自前のバットとヘルメットを持参してきたこと。バットは借用しヘルメットまでは用意しないのが普通。これが清原の持つこだわりと「野球の美学」だ。イベント後の試合観戦で、おそらく来年から自分が付けていた背番号「3」の後継者になると思われる浅村栄斗の打席では身を乗り出して見入っていた。やっぱり「タレント」ではなく「野球人」なのだ。

対戦の動画をYouTubeで見ることが出来る。

この動画で見ると、野田は終始笑顔だが、清原は真剣そのもの。
さすがに野田のフォークに空振りした後は、打席内で苦笑しているようではあるが。
それにしても野田は全球フォークを投げている。
それをちゃんと当てられる清原もたいしたものだ。
きっと練習をして臨んだのだろう。

なお、この放送後に話題になっていたが、清原の黒さが際立っている。

「野田は野田なのに、清原はブーマーになっとる」

というネット上の書き込みには思わず笑ってしまった。

井端弘和のターニングポイント

エキサイトレビュー「頼りになる2番打者、井端弘和の強さの秘密」より。

2013年の開幕前の時点で、これまで出場した1611試合のうち、2番で出場した試合は1400試合を上まわるほどの、2番打者中の2番打者である井端。

井端を鍛え方次第で優れた2番打者になるかもしれないと目をかけたのが、当時の中日二軍監督だった仁村徹。自身も2番打者として職人技とも言える流し打ちを得意としていた仁村は、その右打ち、そして送りバントなど、自分の持っている2番打者としてのイロハを井端に伝えていったという。

その仁村との驚くエピソードがこれ。

井端がある試合でホームランを打ち、喜んでベンチに戻ったとき、ベンチ裏に井端を呼んで思いっきり殴ったのだ。

「必死になって身につけている2番打者としての技術をおざなりにするんじゃない。いま好き勝手にバットを振り回していたら、これまでやってきたことがすべて無駄になってしまうんだぞ。そのあげく、せいぜい控えの守備要員で終わってもいいのか」
仁村の拳にはそういう教えがこもっていたと井端は思ったという。

— ad —

逆に面白いのが、落合が2004年に監督に就任した時の話。
落合は井端に対し、「おれが右打ちしろというサインを出さない限り、右打ちはするな。チャンスのときは4番になったつもりでいけ」という指示を送ったという。

当時井端はキャリア7年目。既に実績を残していたからこそ右打ちの癖がなかなか抜けなかった。そして右方向へ打球を放つと、それがヒットであってもアウトであってもベンチに戻るたび、「なんであっちに打ったんだ?」と監督から問いつめられたという。

そして、ある試合で、井端はついにサードゴロで凡退する。
それに対し落合は、試合後記者達に対して

今日は井端のサードゴロが一番の収穫といえば、収穫だな。意味? ああ、君たちはわからなくて結構

とコメントしたのだ。

井端曰く

右打ちしなければならない条件のある場面では、そういう2番の仕事をしなければいけない。でも、それ以外の場面だったら、左へ引っ張ったほうがいいこともある。チャンスも膨らむし、点も入る。

あの打席ではセカンドゴロではなくサードゴロを打つことができた。

落合さんに教えられた打撃ができるようになっていたわけですね。こういうことを続けて行けば、自分もチームも、次の段階へ進んでいける

この記事は、スポーツライター赤坂英一氏の著作「2番打者論」のレビュー記事。この本が読みたい気持ちがうずかずにはいられない。

学生時代にアマチュアナンバーワン投手だった山田秋親の契約金問題

2000年当時、立命館大学の山田秋親は最速153kmのストレートを誇る、アマチュア球界ナンバーワンの投手として注目を集めていた。

中日・阪神・オリックスとの争奪戦の末、ダイエーを逆指名し入団したのだが、父親が週刊文春の取材に対して契約金が6.5億であったと話し、その額が球界で申し合わせていた新人の契約時における最高標準額「契約金1億円+出来高5000万円」をはるかに上回るものだったため、コミッショナーを巻き込む大騒動となったのだ。

週刊文春2000年11月23日号の記事によると、以下のやりとりがあったという。
続きを読む

3度もレーシック手術を受けた男 井端弘和

週刊文春の2010年11月4日号『野球の言葉学』より。

井端の眼がレーシックの手術か何かが原因でおかしいという話は知っていたが、それについて触れられている記事を発見。

一昨年に視力矯正手術を受け、その後の経過が思わしくない。昨年はキャンプで目の異常を訴えたが、シーズンはフル出場してゴールデングラブ賞も受賞した。しかし、今期はキャンプで再発すると、シーズン中も二度、チームを離れた。7月25日に登録抹消されると、最終戦で再登録されるまで、後半戦はほぼ棒に振ってしまった。

 
「井端は三度も視力矯正手術を受けています。しかし、視力は回復せず、逆に角膜がほとんどないような状態になってしまった。 そのためすぐに炎症を起こして、視力が急激に落ちてしまうようです」(担当記者)

 
もともとはコンタクトを使っていたが、極度のドライアイで試合終盤になると、イニングの間に目薬を差しても、間に合わなくなるほどだった。 矯正手術は、そういう煩わしさを解消して、プレーにもプラスに出るはずだったが。

今年はショートに戻ったこともあるのか調子は良さそうなので一安心。
果たして、目は良くなったのだろうか。

<追記>
どうやら、直接の問題は「上皮角膜ヘルペス」という症状だったとのこと。
(参考 『井端弘和選手(プロ野球) | レーシック手術を受けた有名人まとめ』)

究極に自己評価の低い選手と評される黒田博樹

『Number June2012』に掲載されていた、黒田博樹上梓の『決めて断つ』への芦部聡氏の書評コラムより。

そもそも、上宮高校時代、黒田がエースではなく、控え投手だった話は有名。
そして、そこでは過酷な理不尽ともいえる練習をさせられていた話も有名。
続きを読む

「勢い」だけの解説はもういらない

『NIKKEI MAGAZINE 20 NOV 2005号』より。

カージナルスの名捕手で現在解説者のティム・マッカーヴァーが野球の鑑賞法をまとめた著書「ベースボール・フォー・ブレイン・サージャンズ」によると解説者は試合三時間前に球場入りして取材すべし、とある。

同氏がよい解説の条件に挙げる項目を佐々木信也さんの信念と合わせたまとめたのが、こちらの五原則。

1.解説者は足で話せ
2.プロなら断定しろ
3.しゃべり過ぎるな
4.適度にデータを織りまぜよ
5.ヒューマンストーリーを忘れるな

またユニフォームを着たいから現場に気を使い、ヒューマンストーリーを知っていても喋らない解説者もいる。一部解説者にとってその席は腰掛け。

アメリカではどんなマイナーチームにも専属ブロードキャスターがいて、選手同様にメジャーの放送席を目指して、しのぎを削っている。日本のようにタレントが出てコメントすることはありえない。