RSS

野村ノート(3) フォークボール対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野村ノート/野村克也著(小学館文庫) 』より。

フォークを打つには、あるいはボールゾーンに落ちるフォークに手を出すことなくバットを止めるにはどうすればいいか。多くの打者が、技術を磨けばなんとかなると思っている。しかし、技術だけでは限界がある。私自身プロ入りして7,8年たったころにそのことがわかった。

プロのレベルであるならば100%フォークが来るとわかっていれば、たいていは対応することができる。ところがほとんどの打者が内角への速い球に対して警戒心、あるいは苦手意識があり、追い込まれるとどうしても内角球をマークする度合いが強くなる。しかも日本人の多くの打者は見逃し三振をしたくないために、追い込まれるまでは変化球にヤマを張っていても、ツーストライクを取られるとA型(直球に重点を置きながら、変化球にも対応しようとするタイプ)に変わる。イチローのような天才的な打者を除いて、ほとんどの打者は、変化球をイメージしながら直球に対処することができないからだ。

それでも、フォークはマークしないと打つことが困難な特殊球。
対策としては以下が考えられる。

1.目を大きく開いてミートするまでしっかり見るという意識を徹底する
2.力をうんと抜いて備え、目線を高めのストライクゾーンに置く
3.内角速球のマーク度を軽くして、素直にピッチャー返しのバッティングを心がける
4.クセが出やすい球種なのでクセを探す
5.どうしても対応が困難な打者は配球を読む

なかでも、3.に関連して、日頃から内角に強い印象を与えておくと有利となる。バッティングにおいて、内角の苦手意識やマーク度が高くなると、大事な「壁」を崩す原因となる。結論として、打者は内角球を打ちこなせないとプロでは飯は食えない。

— ad —