RSS

日米のキャンプでの練習の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経電子版での田口壮氏のコラム第二回。
今回はMLBのキャンプについて。

MLBでは、レギュラーシーズンで162試合、ポストシーズンを入れると180試合前後の試合が組まれている。
日本と比べると過密日程で、仮に雨でも、試合ができるようになるまで何時間も待ち、流れたら翌日ダブルヘッダーを組んでゲームをこなしていく。

その分、キャンプは緩い。
当然、田口も1年目のキャンプではその緩さに驚いたという。

2002年、オリックスからカージナルスに移籍した私も練習が少ないのには面くらいました。いわゆる「全体練習」が短いのはわかっていましたので、あとは投球マシンを相手に打ち込もうと考えていたら、これが大誤算。チームでたった1台しかないマシンが壊れていて使えなかったのです。

壊れているのもどうかと思うが、何より1台しかマシンがないというのも驚き。

オリックス時代は全体練習が終わったあとに、2時間、3時間とマシン相手にカンカン打ち込むのが普通でしたから、不安でした。

振り返ってみると、キャンプから飛ばしていたら、とてもじゃないけれどもたなかったなあ、とわかったのです。

その後、田口はフィリーズやカブスへ移籍しているが、どのチームでもキャンプ中にマシン相手に打ち込むようなことはなかったとのこと。

シーズン中には練習の効率化のためか、ちゃんとマシンを用意してくれるのですが、キャンプではまず使いません。唯一のマシンが故障していたカージナルスで、誰一人不満の声をあげなかった理由もよくわかりました。

マシンを相手に体力を使うくらいなら、ほかの練習をする。どうしても打ち込みたければ、コーチや同僚に「ちょっと投げてよ」と一声かけて、投げてもらう。それがメジャー式なのでした。

「ちょっとくらいハードな練習で倒れているようではしょせんそこまでの選手」というのが、日本の伝統的な考え方だとすると、メジャーでは「そんなに長時間練習しなくてはならないような選手はしょせんそこまでの選手だ」となるわけです。

そこまで日米の哲学には差があるということか。

— ad —