RSS

選手に落ち度がないケースでもエラー扱いとなってしまうプレー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の田口壮氏のコラムのテーマが、ダルビッシュが完全試合を逃した試合でのアンパイアの「情」についてだった。
それ自体は、そういうこともあるかなと驚かなかったが、初めて知ったのが、選手に落ち度がないケースでもエラー扱いとなってしまうプレーがあるということ。

例として挙げられていたのが、以下のケース。

外野から本塁に返球する場合に起きやすいのが、「ストライク」の返球なのに、本塁に突入した走者に捕手が吹っ飛ばされていた、というケースです。この場合、打者走者の余分な進塁などについて、返球した外野手に失策が記録されます。

え?! って話である。

評価には影響しないだろうが、記録には残るから選手としては何か釈然としないだろう。

田口氏が書いているとおり、不可抗力で起きたことに関しては「誰のせいでもない」という記録があってもいいのではなかろうか。

— ad —