RSS

デーブ大久保監督による松井裕樹の抑え起用を権藤さんはこう見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しみにしている、日経木曜日の権藤さんのコラム。

今回は、抑えに起用され好成績を収めている楽天・松井裕樹と、それを決断した大久保博元監督について。

四球が多いのに抑えに起用したことで、当初批判の声もあった。

四球か三振かの暴れっぷりこそが抑え向きであって、この発想は並の監督では出てこない

ベタ褒めである。

これには、権藤さん自身のフォアボールへの考え方も影響している。

— ad —

横浜の監督時代、抑えの佐々木主浩に「困ったら四球でいい」と言っていた。それで確実に1死が得られたからである。1点差で無死から走者が出るとする。日本の野球ではまず送って1死二塁の形を作る。守る方は大ピンチじゃないか、というのは投手心理を知らない人だ。1つのアウトを取ることがどれだけしんどいか。労せずして1死が取れたら、投手は大助かりなのだ。

この考え方は、投手心理だけじゃなく捕手心理でも同じようで、よく、古田敦也氏も送りバントの功罪を語る時に1つのアウトをたやすく献上してしまうマイナス点をあげていた。

 
さらに権藤さんは続ける。

1死二塁だと、一塁が空いているから、相手によっては歩かせてもいい。佐々木クラスの投手はそのくらいの余裕が持てれば、あと2つのアウトを取るのはそう難しいことではない。松井裕も能力的には佐々木にひけをとらず、実は抑えに向いているのだ。

「十年に一人の逸材」から、ただのノーコン投手になりかけていた松井裕の抑え起用には「箔」をつけ、輝きを取り戻す狙いもあっただろう。
人はポストや肩書で相手を判断するところがある。巨人の阿部慎之助も、4番だと相手がボール球から入る敬意を示すが、7番だと見下ろされ、どんどんストライクで攻められ、打てなくなる。

プロ野球ファンの立場から見ても、球場に足を運んでもなかなかタイミングが合わず見ることが難しい先発投手よりも、比較的登場シーンに遭遇しやすい抑え投手に魅力があると嬉しかったりする。松井裕は間違いなく現在の楽天の投手の中で客を呼べる投手だから、動員数にも多少は影響しているのではないだろうか。

 

私の考えでは現代野球における抑え投手は打者の4番に該当する。とりこぼしのない抑えがいるチームはまずAクラス間違いなし、というくらいで、先発の3本柱より格上だと思う。

思い切った言い方。
佐々木なんかはまさにその通りの存在感だったが、ヤクルト時代の高津や、中日の岩瀬もそれに該当するだろう。
しかし、ほとんどのチームは”先発の3本柱より格上”の抑えなんて擁していない。

そう考えると、今年の楽天の投手陣はバランスが良く、大きくはねる可能性があるということなのかもしれない。

— ad —