RSS

遠いマウンド<江夏豊>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再び、新宮正春著の「二人のエース」から。
今回が最後。

この章では再び、江夏豊がフィーチャーされている。
西武時代よりはましなのだろうが、広島時代の時すでに握力は相当落ちていることがわかる。

昭和54年、広島大学が調査した選手の体力データ。
左手の握力が、山本浩二68、高橋里志70に対して江夏22。右手も49だった。
本人曰く、入団当時は60以上はあったとのこと。
リリーフで30-40球投げた後は、15までしかいかない。
 
いい投手ほどマウンドに立つときはごく軽くボールを握る。握った手もとを叩くだけでボールがポロリと落ちるほど力を入れないものだが、それでも指先から離す瞬間にはピシリとという小気味の良い音が捕手にきこえるくらい力が加わるのがふつうだ。握力が弱いとどうしてもリリースポイントが甘くなる。
 
不思議なのはそれほど握力が低下しているはずの江夏が、古葉の前では全然そういうふりをみせないことだった。投手という種族には、登板前にそれとなく肩やヒジがおかしいような格好をしてみせ、打たれたときの言いわけをあらかじめこしらえておくタイプが多いが、江夏はまったく違っていた。
 
いつも表情を消してブルペンに向かう江夏の顔に、出番がまわってきたときだけ、一瞬、喜びの色が浮かぶのを古葉は知っていた。
 
江夏本人も、入場料を払って見に来るファンに、できるだけいい芸をみせるのが仕事師というものだと思っていた。

“打たれたときの言いわけをあらかじめこしらえておくタイプ”は大投手にはなれないだろう。

野村の著書でも度々江夏のエピソードは登場するが、相当強い繋がりがあることがわかる。

「刀根山村の村長さん」。豊中市刀根山の同じマンションに住んでいるところから、江夏がつねづねそう呼んでいた野村が突然監督を解任させられたのは、52年のシーズン中のこと。江夏はやはり同じマンションにいる柏原純一とともにかけつけ、八日間にわたって立てこもった。
 
「ワシは生涯一捕手で通すけど、ユタカはきっと広島でもうひと花咲かせられるぞ」
いよいよ広島へ行くという日、電話で話した野村の低い声が、江夏の頭の奥底にこびりついていた。

柏原もいたというのがちょっと面白い。

王との対戦について。

セ・リーグに復帰して三年ぶりの対巨人戦(S53.4.22)で、リリーフ登板した江夏は、いきなり王と対決した。王に対し過去132打席にわたって敬遠四球がただの一度もないのが、仕事師としての江夏のひそかな誇りだった。

「ほんま、王さんは惚れ惚れするほどええ顔してる…」

王のような歯ごたえのある相手にぶつかると、熱い血がからだじゅうを駆け巡るのが、自分でも不思議だった。

強い選手であればあるほど、王の存在は大きかったことが伝わってくる。

そして、昭和54年。あの「江夏の21球」が生まれた年。

54年のペナントレースは、開幕早々から先発救援陣が総崩れとなり江夏はくる日もくる日もリリーフとして登板した。
名火消しとして評判が高くなるにつれ、ベンチから批判の声も聞こえてきたが、いつも無表情でいい仕事をしているたびに小さくなっていった。6/5のナゴヤ球場での高橋里志の大鏡打破事件を機に、江夏のリリーフエースとしての立場はかえって高まったが、反面、自分に向けられる無言の不満にもじっと耐えなければならなくなった。
夏に入って、あれほど好きだった麻雀もぴたりとやめた。

蛇足になるが、この本を読むまで”高橋里志の大鏡打破事件”なるものは知らなかった。
wikipedia等で調べるかぎり高橋里志がかなり悪者に描かれている。
実際がどうなのかは知らないが、野村に嫌われ、江夏ともウマが合わないとは、最多勝・最優秀防御率を1度ずつとっているにも関わらず、引退後含めその後の野球人生はやりにくかったのではないかと思われる。

— ad —