RSS

十分間の首位打者<古葉竹識>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも、「二人のエース」新宮正春著より。

まずは、昭和38年、長島と首位打者争いを演じているさなか、大洋戦でデッドボールを受け、残り13戦を棒に振った時のエピソード。

古葉が入院したときの打率は.339であった。この時点で長島は.345。
そういう微妙な状況なときに、古葉はライバルである長島にあてて手紙を書いた。
「自分はもうシーズン終了まで試合には出られないが、どうか長島さんは最後の最後まであの気迫のこもったバッティングで打ちまくってください。病院のベッドから、長島さんのご活躍を祈っています。」
古葉は、ライバルが張り合いを失って打率を低下させることを恐れていた。

受け取った側としては、励みにもなるだろうが、プレッシャーにもなるだろう。
デッドボールを受けたのが巨人戦じゃなかったのは救いだったのではないか。

古葉の人柄について。

古葉は、人前で決して怒鳴りつけることをせず、つとめて選手をたてた。遠征先の球場にはたいてい監督室という名の個室があったが、古葉は一度もその個室に足を踏み入れたことはなかった。選手といつも一緒にいて、「古葉さん」とさん付けで呼ばれる不思議な監督である。

今度は長島から祝電を受け取ることに。

昭和50年、初優勝をなしとげた時、その年最下位に沈み、胴上げの時にも逃げるようにダグアウトに駆け込んでいったという長島から祝電が届いた。
 
「ハツユウショウ オメデトウゴザイマス ニホンシリーズノゴケントウヲイノリマス ナガシマシゲオ」
 
古葉にはてのひらに載せた一通の祝電が、なぜかひどく重いもののように思えた。首位打者争いにしのぎを削り合った十二年前、古葉から送った激励の手紙も、受け取る側にとってはこの祝電のように重い意味を持つものだったかもしれなかった。

— ad —