RSS

リーグ優勝の翌年、リーグ最下位へ転落したチーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の日経朝刊に掲載されていた、スポーツライター浜田氏のコラムより。

リーグ優勝の翌年、リーグ最下位へ転落したチームは意外と少なく、今まで4例しかない。

61年の大洋、79年のヤクルト、81年の近鉄、そして2013年の日本ハムである。

先の3チームの監督は、三原脩、広岡達朗、西本幸雄といずれ劣らぬ名将揃い。名将といえど転げ落ちるチームを止めるのは至難の技ということだろう。

3球団にそれぞれの事情があったが、内部に大小の不協和音が生じていた点で共通していた。
優勝すると選手の年俸は上がる。期待したほど上がらない選手が不満を抱き、覇気を失う。
また、年俸総額が上がるため、補強費をついケチりがちになる。

年俸を含めたモチベーション管理の難しさがよくわかる。

大洋については、”三原マジック”の知将ばかりが脚光を浴びることへのジェラシーがあった。ヤクルトでは大胆なトレードを望む広岡と、家族主義を掲げるフロントが対立した。近鉄では、西本の後継監督を巡る綱引きがあった。

最下位の翌年に優勝した例はいくつかあるが、優勝⇒最下位⇒優勝という例は一度もないという。
果たして、今年の日ハムはどうだろうか。

— ad —