RSS

斎藤佑樹(2) プロに入って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Number 774号 ルーキー秘話。~プロ野球大型新人伝説~(2011年3月10日発売) 』より。

甲子園で勝ったこと、神宮で日本一になったことは、今の自分の支えにはなってはいるが、今の自分を励ましてくれるものではない。今はもう、とにかく上しか見てない。

打たれたシーンはあまり覚えてない。抑えたシーンのほうを覚えている。たとえばホームランを打たれて負けたとしても、あの一発で負けたというふうには考えない。むしろ、あの一発がなければ勝てたと考える。別に、そう思おうとしているわけではなく、ホントに思っている。

こういうものを目指しているという具体的なイメージを持って、周りのことをすごく考える。自分のことももちろん、自分が結果を残したらどうなるのかという周りの反応を考えて、ならばどういうふうに結果を残していくか。そういうシナリオをいろいろと考えている。

自分はプロに来た。ここは日本のプロフェッショナル。そこで通用するとか、しないって決められるのは自分だけだと思っている。

アドバイスをもらっても、この人がそう思ってるなら、その意見に合わせればいいって思う。でも、実は合わせてない。最後はやっぱり揺らがない。
別にフォームが良くないから勝てないわけでもないし、フォームがメチャクチャであっても、勝てばそのフォームは通用したことになる。だから、フォームについては、いろんな声が耳に入ってきても、そういう声に対して、そうかもしれないというふうには全然、思わない。今はこれでいいかなと思っている。いずれ、もっと良くしなくちゃいけないところや、直すべき点は何ヵ所かはあると思うが、徐々に何年かかけてやっていければいいなと思っている。

最近、カッコいいなと思うのは、カッコつけてないカッコよさ。高校生ぐらいまでは、物静かでクールな人のことをカッコいいと思っていた。でも今は、明るくて、誰にでも気を遣えるような、そんな人がカッコいいなと思う。

クールに見られるのは心地いい。それが便利なときがある。

— ad —