RSS

控えとなってもイチローの言葉は輝いている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年。開幕戦でスタメンじゃないことを受けてイチローが口にした言葉。

僕が毎日やっていくことに変わりがない

ゲームに対しての(準備)は何ら変わりがないわけで、それをとにかく重ねていく

それをどこかで切らしてしまえば本当に(気持ちが)切れてしまう可能性がある。それ(=準備)は大事にしたいし、それをしない僕は僕ではない

期待しています。

— ad —
— ad —