RSS

プロ野球選手の夜の伝説(その2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、「プロ野球選手の夜の伝説」という記事を投稿したが、夜の伝説は1記事に収まる量ではとてもなかったので続きをば。

小谷野栄一(日ハム)、鶴岡慎也(日ハム)、高口隆行(当時:ロッテ)

2012年1月9日、一般人によるTwitterで、合コンしていたことが以下のように晒される。

おもろすぎて、みなみと爆笑!おじさんは必死なんだね(^.^)野球選手に朝6時まで飲むぞって言われて必死に断る一般人。w

キモwそらに一年以上経ってもマメにメールしてた。夜の打撃王のわりにお前からメールするんかいww

不幸な話だ。

— ad —

内海哲也(巨人)

2013年10月30日、キャバクラ嬢との女性問題を週刊文春にすっぱ抜かれた。記事によると、内海は過去に広島のキャバ嬢と交際。この女性の“オトコ”を名乗る人物に脅されたという。そこで、知人の男性に仲介を依頼し100万円で解決を試みるも、今度は仲介した男性と謝礼をめぐってトラブルになり、結局は球団に相談。読売グループが警視庁に相談する事態に発展したとのこと。

セ・リーグ某球団で主軸を張り”本塁打王をとったこともある”N選手

西東京のキャバクラの女性の話によれば

ちょっとぽっちゃり目のN選手なんて、ついた女の子全員に部屋番号を教えてました。私は行かなかったんですけど、ノリで3人くらいで詰めかけたらしいんです。もう朝の4時ですよ。そこから2時間ぶっ通しで4Pしちゃったみたいです。

上のキャバ嬢が言うに、ある球団では規律で夜中までは呑めないらしく、続きはホテルで…って流れになるのが恒例だという。

球界屈指のマッチョとして有名で、WBC日本代表にも選ばれた日ハムのI選手

2010年、都内の高級デリヘル店(90分8万円)で働いていた女性の話。

12月だったかな。朝5時に新宿のホテルに呼ばれて行ったら、泥酔して寝てたみたいでなかなか出てこなくて…。逆三角形のすごい体してたから褒めたら、『ちょっと鍛えてるんだよ』って。そのときは誰かわからなかったけど、ただ者じゃないと思いました。

 
アソコはデカいというより、細長くて筋張ってた。感じやすいのか、プレイ中はけっこうピクピクしたり、声を出してましたね。どこを触るにも基本ソフトタッチで、舐めるときも上から下まで全部舐めてくる。20代(当時)にしては攻め方が老練でした。最後は『したいよ~』って駄々こねられて。ゴムはちゃんとつけてくれました。

 
帰り際、『ふだんは北海道で“仕事”してるけど、東京来るとき飲み行こう』って、携帯電話を教えてくれて、タクシー代1万円くれました。

最後まで自分が野球選手だということは言わなかったという。

 
<<追記>>
2015年9月に不倫相手にLINEの会話を暴露された千葉ロッテの清田育宏。
まとめ記事を書こうとも思ったものの、Twitter上に上げられた写真の数々を見ているうちに、あまりに哀しい気持になったので、書かないことにした。興味がある方はGoogleで検索してみてください。

— ad —