RSS

大久保監督による松井裕樹の抑え起用を権藤さんはこう見る

楽しみにしている、日経木曜日の権藤さんのコラム。

今回は、抑えに起用され好成績を収めている楽天・松井裕樹と、それを決断した大久保博元監督について。

四球が多いのに抑えに起用したことで、当初批判の声もあった。

四球か三振かの暴れっぷりこそが抑え向きであって、この発想は並の監督では出てこない

ベタ褒めである。

これには、権藤さん自身のフォアボールへの考え方も影響している。

横浜の監督時代、抑えの佐々木主浩に「困ったら四球でいい」と言っていた。それで確実に1死が得られたからである。1点差で無死から走者が出るとする。日本の野球ではまず送って1死二塁の形を作る。守る方は大ピンチじゃないか、というのは投手心理を知らない人だ。1つのアウトを取ることがどれだけしんどいか。労せずして1死が取れたら、投手は大助かりなのだ。

この考え方は、投手心理だけじゃなく捕手心理でも同じようで、よく、古田敦也氏も送りバントの功罪を語る時に1つのアウトをたやすく献上してしまうマイナス点をあげていた。

 
さらに権藤さんは続ける。

1死二塁だと、一塁が空いているから、相手によっては歩かせてもいい。佐々木クラスの投手はそのくらいの余裕が持てれば、あと2つのアウトを取るのはそう難しいことではない。松井裕も能力的には佐々木にひけをとらず、実は抑えに向いているのだ。

「十年に一人の逸材」から、ただのノーコン投手になりかけていた松井裕の抑え起用には「箔」をつけ、輝きを取り戻す狙いもあっただろう。
人はポストや肩書で相手を判断するところがある。巨人の阿部慎之助も、4番だと相手がボール球から入る敬意を示すが、7番だと見下ろされ、どんどんストライクで攻められ、打てなくなる。

プロ野球ファンの立場から見ても、球場に足を運んでもなかなかタイミングが合わず見ることが難しい先発投手よりも、比較的登場シーンに遭遇しやすい抑え投手に魅力があると嬉しかったりする。松井裕は間違いなく現在の楽天の投手の中で客を呼べる投手だから、動員数にも多少は影響しているのではないだろうか。

 

私の考えでは現代野球における抑え投手は打者の4番に該当する。とりこぼしのない抑えがいるチームはまずAクラス間違いなし、というくらいで、先発の3本柱より格上だと思う。

思い切った言い方。
佐々木なんかはまさにその通りの存在感だったが、ヤクルト時代の高津や、中日の岩瀬もそれに該当するだろう。
しかし、ほとんどのチームは”先発の3本柱より格上”の抑えなんて擁していない。

そう考えると、今年の楽天の投手陣はバランスが良く、大きくはねる可能性があるということなのかもしれない。

長嶋さんの松本匡史への教え

今日の日経朝刊、篠山正幸氏のコラムにて第一次長嶋巨人の時の、監督のユニークな指導法について触れられていた。
指導法自体はさほど驚く内容ではなかったが、記事内に 青い稲妻 の愛称で80年代に人気を博した松本匡史氏のエピソードが載っていたので、一気に興味が増した。

 
そもそも、松本は早大から社会人野球(日本生命)に進むはずだったが、スピード野球を目指す長嶋が松本を説き伏せ、入団にいたった経緯がある。

長嶋から言われたのは、俊足を生かすためにとにかく転がせということ。

ライナーを打つと長嶋さんはいい顔をしない。あくまでゴロ

具体的には、ホームベースに打球をたたきつけるよう命じられたと。

 
松本以外の主力に対しても、頭より高く上げたボールをバットでひっぱたく練習をさせたというが、松本曰く、大根切りの極端なやつで、こういったデフォルメ式の練習は物事を身体で覚えるには有効だったと。

ダウンスイングにしても、よほど意識しないとレベルスイングになってしまう。ホームにたたきつけるくらいの気持ちで振ってちょうどよかった

1979年の秋に行なわれた”地獄の伊東キャンプ”では、俊足を生かすためにそれまでの右打ちから、スイッチヒッターになるよう長嶋に命じられる。
毎日10時間以上バットを握り、右で1000回、左で1000回振る事でスイッチヒッターとしての基礎を作っていったという。

松本のバッティングのフォームといえば、バットを短く握り、ボールをたたきつけている絵が自然と浮かぶ。
いまだにセ・リーグの盗塁記録も、1983年に松本が記録した76個がやぶられていないが、それもこれも、ルーツが長嶋にも少なからずあったのだと思うと感慨深い。

権藤氏が評価する進藤達哉のコーチ手腕

ベイスターズの躍進が止まらない。
こうなると、スポーツメディア上でベイスターズに関する記事が増えてくるのが当然の話。

つい、先日のWeb Sportivaの記事『始まりは2年前。DeNA筒香嘉智はいかにして覚醒したのか?』では、成長著しい筒香と、筒香を育てた大村巌打撃コーチについて書かれていた。

 
本日の日経朝刊の権藤氏のコラムでは、進藤達哉ヘッドコーチをフィーチャー。
私がコーチ人事に疎いこともあるが、進藤がヘッドコーチを務めていることは初耳だった。

権藤氏曰く

横浜ベイスターズ時代の優勝メンバーの中では寡黙で目立たなかった

口数も少なく、ふだんはいるかいないかわからないくらい

と。
それなら、ヘッドコーチになったことを知らなくても許されるだろう。

しかし、地味な一方で、選手時代から、

ゲーム展開の読みの鋭さを備え、ボビー・ローズや駒田徳広も一目置く存在だった

という。ヘッドコーチに抜擢されたのも、さもありなん。

 
ベイスターズの投手コーチである川村に対しても、無駄な抵抗をしない「負け試合も作れ」と進言していたらしい。
権藤氏は

こうしたやりくりが1年を通すと大事になるのだが、監督の立場では、口が裂けても「捨て試合」とは言えないものだ。そこをわきまえ、進藤は黒子に徹し、嫌な役回りを引き受けようとしているようにみえた

と語っている。

 
選手時代は守備の人という印象が強い。ただ、

攻守に天才的なものを持っていたものの、体力的な不安があり、休ませながら起用する必要があった

と。97年~99年は3年連続でサードとしてゴールデングラブ賞を受賞しているが、99年については規定打席に達していないのは、ここでいう体力的な不安があったからかもしれない。

ちなみに、見た目によらず名手として有名な現巨人の村田に、守備の基礎を教えたのも進藤とのこと。

 
昔の記事を探してみると、進藤のコーチ就任にあたっては、『コーチ人事で監督と大モメの噂 DeNA球団社長が完全否定』のように、何かしらかのすったもんだはあったようだが、要は結果で示せばいいだけの話。

今、ベイスターズは、コーチ陣も面白い。

高代延博コーチの走塁論

Number Webの『なぜ、走塁はすぐ疎かになるのか。阪神とヤクルトにある“差”とは?』という記事の中に、興味深い内容があったのでメモ。

 
4/1の阪神-ヤクルト戦で、阪神の走塁が素晴らしかったという話をすると、阪神の三塁ベースコーチの高代氏はこう語っている。

4月1日のヤクルト戦でウチの走塁が良かったから安心かっていうと、走塁はそういうものじゃないんです。走塁は、一度上手くいっても、黙っていたら次もできるかというと、そういう“科目”じゃない。すぐに疎かになる。だから、意識づけを常にやらないといけないんです。個人じゃなくてチームとして、向上心を含めて意識を持たないとだめ。試合ではそうは打てないから、(走塁は)勝つための要因になるんです

すぐに疎かになるのが走塁。。。
反射的なものじゃなく、意識に訴えかけ続けないといけないということ。
だからこそ、長きにわたって走塁力が高いチームを作り続けにくいのだろう。

 
高代氏のコーチとしての有能さについては「日本一の三塁コーチと呼ばれる 高代延博」も読んでみて欲しい。

68歳にしてプロの打撃投手を務める池田重喜氏

現代ビジネスの『68歳、職業「ロッテ打撃投手」裏方の生き様を語る 来る日も来る日も、ただ白球を投げ続けてきた』より。

1968(昭和43)年にドラフト4位で大洋に入団した池田重喜(いけだしげき)氏。
同じ年にプロ入りした選手は、元巨人の高田繁や元ロッテの村田兆治など。
68歳にしていまだに打撃投手を務めており、もちろん日本球界最年長である。

 
野村克也、張本勲、落合博満、そして現役では井口資仁と多くの名選手にも投げてきている。
その中で、名選手に共通するものとして以下をあげる。

プロで通算2000本以上の安打を打った彼らに共通するのは、打撃練習で打ち損じがないこと。10本中、1本あるかないか。どんなボールにも対応できる「間」を持っている。高校を出たばかりの子は、体の反動で打とうとして、タイミングを少し外されるだけで対応できなくなる。投手の作る「間」に引きずられるんです。レギュラーで何年も出続けて、揺るぎない自分の「間」を持つ域に達するのです。

 
特に落合に対しては思い入れもひとしおのよう。

強烈なプロ魂を持っていた。’85年に2度目の三冠王に輝き、翌’86年のキャンプで、落合は一度もフリー打撃をしなかった。新聞にも批判的に書かれました。落合は当時、トレーニングコーチだった私と走りながら、こう漏らしたことがあります。
 
「オレ、色々書かれているけど、本当に(練習を)やってないのかな」
 
落合は守備に時間を割いて下半身を鍛え、投手が投げるブルペンの打席に立って、目を慣らした。まだ調整段階の時期に、巨人とのオープン戦があり、球団側の強い意向で出場はしましたが、一度もバットを振らずにベンチに戻ってきた。
 
フリー打撃をしない本当の理由を当時の稲尾和久監督だけは本人から聞いていた。素振りでフォームを固めたいのだな、と察知した私は「別に何も心配することはないよ」とオレ流を支持した。結局、落合はその年、3度目の三冠王に輝きました。超一流は、自己が確立されていると痛感しました。

落合のキャンプ論については、ちょうどつい先日「落合博満のキャンプ&オープン戦論」でも話題に上がっていたが、それと共通する内容である。

DeNA久保康友のクイックモーションの速さ

本日の日経朝刊、篠山正幸氏のコラムにて、西鉄の稲尾や巨人の別所は、適度に打たれるが、ランナーが出るとスイッチが入って抑えると。そのハラハラドキドキ感がたまらなくて、エースたるもの適度に打たれなさいという自論を展開していた。

そっちのほうが確かにハラハラはするが、果たしてエースがそうあるべきかというと……その判断は個人に任せるとして、そのコラムの中で、DeNA久保康友のクイックモーションが凄いと絶賛されていたのが気に留まった。

あまり記憶がなかったが、Youtubeで調べてみたら確かに速い!

篠山氏によると

挙動から捕手のミットに球が収まるまで1秒を切る。1.2秒ほどで上等でいわれているから驚異的

直球の球速は普通に投げるより相当遅くなる。ところが、あれだけピュっと球が出てくると打者もタイミングがとれない

とのこと。

今後ぜひとも注目して見てみたい。

黒田博樹の凄さはどこにあるのか

今現在、その動向に一番注目が集まっているプロ野球選手といって過言ではない黒田投手。

今朝の日経の篠山正幸氏のコラムも黒田について書かれていた。
篠山氏曰く、黒田の投球のすごさは、どこがすごいかわからないところにあるのではないかと。

変化球の切れの良し悪しをどこで判別しているのか尋ねたときのこと。「捕手のミットが大きく動かないこと」という答えが返ってきた。シュート系の球でもスライダーでも、ミットが大きく動くときは曲がりが早くなっている。これは打者も判別しやすい

先日、マー君が取材陣への答えで使用したことで一気に知名度が上がった変化球「フロントドア」も、まさにこれがあてはまる球種だろう。
メジャーでは、打者の外角ストライクゾーンを外れたコースからストライクゾーンに入ってくる球を「バックドア」と呼び、打者の内角を外れた体に近いコースからストライクゾーンに入っていく球を「フロントドア」という。

それ以外の黒田の凄さを探るべくベースボールチャンネルの記事をチェックしてみると、『カープ復帰の黒田博樹、先発能力の高さを示したMLBでの7年間』という豊浦彰太郎氏のコラムにヒントがまずあった。

彼の真髄は安定感にあった。投手が受難の時代にあって、それ以外の何物でもない。2008年に渡米して以降の7年間で、6度も先発を31試合以上をこなしている。過去5年間は平均すると先発32試合だったが、他には11人しかいない。

まず、第一に安定感。
そこがメジャーの中でも高いレベルにある。

黒田は35歳以降に1000イニング以上投げているが、1940年以降の飛ぶボールの時代において、これを成し遂げたのは46人しかいない。

そして、年齢を重ねても衰えないタフさ。

タフさについては同じくベースボールチャンネルでの広尾晃氏のコラム『3つのデータから考える、黒田博樹の2015年』でもデータが掲載されている。

NPBではシーズン3000球以上投げる投手はほんの一握りだ。MLBでは3000球投げて一人前の先発投手だ。黒田は3年目以降ローテーションを守りながら、5年連続で3000球以上投げ続けた。

1試合の投球数ではなく、年間の投球数が多くてこそ、チームに信頼されるタフさの現われだろう。

そして、代名詞である制球力の良さについても忘れてはいけない。
メジャー全体の四球率(与四球数÷対戦打席数)の平均が8%台であるのに対し、黒田の四球率は6%を上回ったことはない。

 
さらに、上であげた広尾晃氏のコラムで被打率について触れられていた。
例えば、ダルビッシュや、全盛期の松坂の被打率は.210前後だったのに対し、黒田の被打率はリーグ平均をわずかに上回る程度の.250前後で、要はそれなりに打たれているのである。

以上のデータから見えてくるのが、「ランナーをヒットで出しながらも、四球で試合を壊すことはなく、粘り強く、微妙な変化で打者を討ちとっていく、それも年間を通して」という黒田の姿である。

落合博満のキャンプ&オープン戦論

キャンプシーズンも終盤を迎えようとしているが、興味深い記事を見つけたのでメモ。

ベースボール・ジャーナリスト横尾弘一氏によるベースボールチャンネル上でのコラム『”打席でバットを振らなかった理由” 落合GM流オープン戦の考え【横尾弘一「野球のミカタ」】』より。

中日監督時代の落合の言葉。

シーズンオフに描いた青写真をキャンプで修正すれば、監督の仕事は8割方終わったも同然

横尾氏によると

開幕から一軍入りする投手陣の人数や顔ぶれも(キャンプイン前には)固まっているのだという。それを確認するのがキャンプであり、故障者や著しくパフォーマンスを落とす選手が出れば、オープン戦の間に手を打つ

とのこと。

一方、対戦相手の戦力、特に新戦力に関してはオープン戦で分析すると。
もちろん球団は総力をあげて敵チームの情報を収集するが、落合自身はそのデータや数字を参考にしても、先入観は持たない。

例えば投手の場合なら、キャンプ地の沖縄や九州でのオープン戦で好投を続けたと言っても、ペナントレースになればその球場のマウンドでは投げない。では、ストレートの質はどうか、変化球はどんなのを投げるのかと見ていっても、マウンドのほかに気温や湿度、風向きなどもシーズン中とは違うでしょう。だから、どういうフォームから投げるのか、どんな体の使い方をするのかを参考程度に見るだけ。メディアやファンはオープン戦の結果で期待を膨らませるけれど、こちらは自分のチームの新戦力に期待もしなければ、他チームで頭角を現してきた選手を警戒もしない。さぁ、開幕してからどうなりますか、という感じだね

とはいえ、監督にも選手にも、オープン戦の間に取り組むべき共通点はある。それが、野球に対する感覚を研ぎ澄ませておくこと。

プロ野球選手は、約半年間という長いシーズンを戦うのが仕事。だから、一年ごとに経験を積めば、技術やコンディションの面では、いつ何をすればいいかという知恵はついてくる。開幕の頃はこういう体調で、こんなプレーができればいいと頭と体がわかっているから、そこまでにもっていく方法を理解していれば心配ないでしょう。ただ、一年経つごとに知恵は増えるんだけど、年も取っていくから変化するものがある。35歳の自分と36歳の自分には、どこかに必ず変化した点があるんだ。それをどう自覚し、何らかの対処が必要ならば、開幕までに済ませておかなければいけない。そうしたことに早く気づく感性というのかな、自分自身の変化に対する感覚を研ぎ澄まさなければならないでしょう

現役時代の落合は、オープン戦の段階になっても、まだ目が慣れないうちに変化球まで打とうとすると技術を壊すと考え、若手投手が必死に変化球を投げ込むと、ピクリとも動かずに見送り三振することもあった。そうやってデリケートにコンディションや技術を考えながら、「変化球に目が慣れるのが遅くなった」とか「前年とオフの取り組みを変えたら腰の状態がよくなった」などと、自分自身の僅かな変化を確認

していたという。

キャンプ期間の過ごし方がすべてというわけではないのだろうが、一流の成績を残す人は自ずとキャンプ期間中の過ごし方も工夫しているもの。

権藤博と森繁和が語る投手論

ちょっと昔(2013年)の記事だが、Number Webに掲載されていた『<プロフェッショナル対談> 権藤博×森繁和 「修羅場を制する投手論」』より。

まずは権藤さんによる仰木さんおよび高木守道監督評。

仰木さんはあれこれやりたがるんだよね。セカンドやショート出身の監督は、すぐにチョロチョロ動きたがる

2012年のCSで高木守道監督がピッチャーをどんどん変えた時の、ブルペンにいるコーチの野茂との会話。

「おい、(ベンチ入りの)13人じゃ足りんぞ。15人くらい入れんと」と言ったんだ。そしたらあいつは「そんなに入れるから代えられるんですよ。10人にしたらいいですよ」だって。メジャーは投手10人でやってるからね。「監督に電話して、直に言ってやれ」って、大笑いしたんだけど

 
権藤も森も、日本シリーズの第1戦はエースに投げさせるという。
権藤氏曰く、

日本シリーズに出るのはご褒美じゃないですか。1年間戦ってきた人への。前年度に一番いい成績を残したやつを開幕投手にするのと同じで、一番大事な第1戦はエースに任せるのが当たり前だと思う。

98年の日本シリーズについて。

98年の横浜のときは、そういう絶対的なエースがいなかった。だから、戦う前から、野村(弘樹)、斎藤(隆)、三浦(大輔)の3人をこの順番で回すと決めてたんですよ。この3人で、中3日で勝負をかける。これしかなかった。7戦まで行ったら、野村が回ってくるという。

そして、3勝2敗で王手をかけて、本来なら三浦が投げるところだが…

使ったのが川村(丈夫)です。川村は開幕からずーっと勝ってたけど、後半戦まったく勝てなかった。だけど、三浦もよくなかったし、日本シリーズに出られたのはこの川村のおかげだから、1回ご褒美に放らせてやろうと。そしたら勝って日本一になっちゃった

勝負師というより、人間的な権藤さんらしいエピソード。
偶然ながら前回の投稿でも権藤さんが川村について語っていた。何か二人には縁でもあるのだろうか。

 
最後に、落合監督について。

(権藤) 評論家やってるときに見てて、あんたがいい味出してるなと思って落合に聞いたら、「いやあ、僕は投手のことはわからないから、全部任せてます」と言ってました。俺は、やっぱり落合はすごいと思う。もしかすると「投手のことはわからん」と言いながら、少しは言ってるかと憶測してたんだけど。
 
(森)  監督が先発を決めたのは、川崎憲次郎のシーズン開幕投手(’04年)の時だけです。それ以外は、試合当日、先発投手をメンバー表に書き入れる時に、「えっ、そうだっけ?」「これでいくの?」とかそんな感じでした。
 
リリーフが失敗した時なんかに、監督室に行って「すいません。ちょっと交代、遅れましたかね」と聞くと、「俺が全部責任取るから、そんなもん気にせんでええ」と。「選手にも言っとけ。今日はたまたま打たれたけど、また同じように使うから。でも、3度までだぞ」って。

まったく口を出さないというのは驚き。
そして、自分で決めたのが、当時大きな話題になった川崎だけというのも渋い。

なお、この3度までルールは権藤さんも使っていたものだという。

山本昌と川村丈夫の共通点

12/11の日経本紙上での権藤さんのコラムより。

プロの打者は投球を見て打っているわけではない。球を見ていては間に合わないから、相手の腕の振りを見てタイミングを計っている。
 
ところが投手によって腕の振りと実際の球の速度にずれがあり、そこに錯覚が生じる。山本昌や川村の場合、腕の振りのイメージより、球が早く来て打者が振り遅れる。

山本昌はこの話題で、ほうぼうで取り上げられるので驚きはないが、元横浜の川村丈夫もそのタイプだとは知らなかった。

140キロに達しない直球が、ベンチからも150キロくらいに見えた

とのこと。

さらに、権藤氏は評論家のいいかげんな解説がその錯覚効果を倍加させると説く。

「うまく内外角に散らしてますねえ。さすがベテラン」とみんな山本昌を褒める。だが実は制球はそこそこで、錯覚による速さを利用した速球派だ。印象だけで技巧派と決めつけるものだから、ますます打者もだまされる。

ふと、川村が今どうしているのか気になって調べたら、2008年に引退、2014年はDeNAの1軍投手コーチを務めていた。Wikipediaには

ゆったりとしたフォームから繰り出される切れの良い直球とフォークボール・チェンジアップが持ち味。球持ちが非常によく、140キロ前後の直球でも打者はタイミングを狂わされ、打つのに苦労させられることが多かった。

と、権藤さんの説明の通りだった。