RSS

控えとなってもイチローの言葉は輝いている

開幕戦でスタメンじゃないことを受けてイチローが口にした言葉。

僕が毎日やっていくことに変わりがない

ゲームに対しての(準備)は何ら変わりがないわけで、それをとにかく重ねていく

それをどこかで切らしてしまえば本当に(気持ちが)切れてしまう可能性がある。それ(=準備)は大事にしたいし、それをしない僕は僕ではない

期待しています。

リーグ優勝の翌年、リーグ最下位へ転落したチーム

本日の日経朝刊に掲載されていた、スポーツライター浜田氏のコラムより。

リーグ優勝の翌年、リーグ最下位へ転落したチームは意外と少なく、今まで4例しかない。

61年の大洋、79年のヤクルト、81年の近鉄、そして2013年の日本ハムである。

先の3チームの監督は、三原脩、広岡達朗、西本幸雄といずれ劣らぬ名将揃い。名将といえど転げ落ちるチームを止めるのは至難の技ということだろう。

3球団にそれぞれの事情があったが、内部に大小の不協和音が生じていた点で共通していた。
優勝すると選手の年俸は上がる。期待したほど上がらない選手が不満を抱き、覇気を失う。
また、年俸総額が上がるため、補強費をついケチりがちになる。

年俸を含めたモチベーション管理の難しさがよくわかる。

大洋については、”三原マジック”の知将ばかりが脚光を浴びることへのジェラシーがあった。ヤクルトでは大胆なトレードを望む広岡と、家族主義を掲げるフロントが対立した。近鉄では、西本の後継監督を巡る綱引きがあった。

最下位の翌年に優勝した例はいくつかあるが、優勝⇒最下位⇒優勝という例は一度もないという。
果たして、今年の日ハムはどうだろうか。

日米のキャンプでの練習の違い

日経電子版での田口壮氏のコラム第二回。
今回はMLBのキャンプについて。

MLBでは、レギュラーシーズンで162試合、ポストシーズンを入れると180試合前後の試合が組まれている。
日本と比べると過密日程で、仮に雨でも、試合ができるようになるまで何時間も待ち、流れたら翌日ダブルヘッダーを組んでゲームをこなしていく。

その分、キャンプは緩い。
当然、田口も1年目のキャンプではその緩さに驚いたという。

2002年、オリックスからカージナルスに移籍した私も練習が少ないのには面くらいました。いわゆる「全体練習」が短いのはわかっていましたので、あとは投球マシンを相手に打ち込もうと考えていたら、これが大誤算。チームでたった1台しかないマシンが壊れていて使えなかったのです。

壊れているのもどうかと思うが、何より1台しかマシンがないというのも驚き。

オリックス時代は全体練習が終わったあとに、2時間、3時間とマシン相手にカンカン打ち込むのが普通でしたから、不安でした。

振り返ってみると、キャンプから飛ばしていたら、とてもじゃないけれどもたなかったなあ、とわかったのです。

その後、田口はフィリーズやカブスへ移籍しているが、どのチームでもキャンプ中にマシン相手に打ち込むようなことはなかったとのこと。

シーズン中には練習の効率化のためか、ちゃんとマシンを用意してくれるのですが、キャンプではまず使いません。唯一のマシンが故障していたカージナルスで、誰一人不満の声をあげなかった理由もよくわかりました。

マシンを相手に体力を使うくらいなら、ほかの練習をする。どうしても打ち込みたければ、コーチや同僚に「ちょっと投げてよ」と一声かけて、投げてもらう。それがメジャー式なのでした。

「ちょっとくらいハードな練習で倒れているようではしょせんそこまでの選手」というのが、日本の伝統的な考え方だとすると、メジャーでは「そんなに長時間練習しなくてはならないような選手はしょせんそこまでの選手だ」となるわけです。

そこまで日米の哲学には差があるということか。

プレーイングマネージャーとなった谷繁元信へのインタビュー

NumberWeb上の、Nikonの双眼鏡のタイアップ記事広的なもので谷繁へのインタビューが掲載されていた。(「谷繁元信「流れを読む“観察眼”」」)

「うわーっ、プロ野球選手はでっかいなー!」
30年前、広島市民球場で生まれて初めてプロ野球選手を生で見た谷繁は驚嘆した。
「バックネット越しに見た原辰徳さんの体つきにびっくりしたんですよ。とくにふくらはぎの太さには驚いたなあ。いざ自分がプロに入って打席に迎えたときも、やっぱりぶっといなあと感じました。うちのGM(落合博満)を初めて見たときも、すごいふくらはぎだなって思いましたね。ふくらはぎの太いバッターはやっぱり飛ばします」

確かに、近くでプロ野球選手を見ると、その大きさもさることながら、何よりも、その”厚さ”に驚かされる。

ピッチャーが不調のときは、よかったときの映像を頭の中で呼び出して再生し、ずれているポイントを見つけてアドバイスする。相手打者に対しても、打席の入り方、力の入り具合、タイミングの取り方を観察し、狙いを見抜く。

何千回、何万回と映像を見て、それを自分の中に貯めることで、試合が見えるようになってくる。昔は頭が高速で動いてポンポン早いタイミングでサインを出せる期間というのが1カ月くらいしか続かなかったのが、いまは1年間を通してフラットにその状態を維持できるようになってきました

栗山も言っていたが、キャッチャーは経験を積めば積むほど能力が高まっていくということ。

僕は常にピッチャーが投げやすいように、審判が見やすいようにって心がけながら、一球一球集中してキャッチングしています。他のキャッチャーと比較して見てみてください。たとえば、ワンバウンドの止め方ひとつとっても、選手によって動きがぜんぜん違います。膝を落とすのが素早い人もいれば、上体だけで止めに行く人もいる。パッと判断してボールの軌道に入っていく上手さは、意識してないと気づきにくいポイントなので、ぜひ注目してほしいですね

谷繁が佐々木のフォークを捕るために猛練習した話は有名だが、今もそこは大事にしていることがわかる。

なお、蛇足ではあるが、Nikonの双眼鏡とこの記事との関連のなさ加減は凄まじい。

田口壮のコラムが日経電子版でスタート

田口壮のコラム「ポストゲームショー」が日経Web刊で2/25よりスタートした。隔週で連載するらしい。

TVで時々見るに、彼の話は視聴者目線で、自分の実績を過度にアピールすることもなく聞きやすいので、この連載も楽しみだ。

初回は 『巨人、西武、広島…キャンプに見る伝統の力』。

各球団ごとに歴史や伝統があり、例えばオリックスには「外野手の伝統」があったという。

福本豊さん、簑田浩二さん、山森雅文さん、本西厚博さん……。前身の阪急時代から、名外野手を送り出してきたオリックスでは「外野守備だけはどこにも負けてはいけないのだ」という意地のようなものが受け継がれてきました。

その伝統を守るための練習は厳しく、一通りの練習をこなしたあとに千本ノックとも言うべき厳しい外野ノックが待っていた。
田口とイチローの2人を相手にノックをしてくれるのは小林晋哉コーチだ。

田口氏は各チームのキャンプを回って印象に残った点をあげている。

巨人は、二軍選手の礼儀正しさ。原監督に伝えると、一言「ジャイアンツだからな」と言ったのこと。

昔から投手王国だった西武はブルペンに特徴がある。他の球団ではスペースの関係もあり、ブルペンは投球と報道陣のための必要最低限の広さになっているが、西武では長めの距離で投げようと思えば投げられるだけの広いスペースをとっている。本来の距離より長い距離から投げることで、質のよい球が投げられるよう練習するニーズ等に応える作りにしているのだ。
また、捕手に立ってもらったままで投げる「立ち投げ」では、各投手が高めの直球を意識して投げている様子が伺えたという。

広島は、昔から猛練習で有名。

野村謙二郎監督の現役時代は午前中のメニューがランニングやダッシュだけという陸上部みたいな練習で、へとへとになってからやっとボールやバットを握るという具合だったと言います。

現在はさすがにそこまでの練習はしておらず、野村監督に聞くと「昔みたいにきつくしたら選手がついて来ないよ」とのこと。

ただ、その当事の名残は残っており、全体練習の後、石井琢朗コーチによる内野ノックでは、横に走ったり飛び込んで捕ったりするゴロは打たず、野手の正面か、逸れても2、3歩動けば捕れるところにゆるゆるとしたゴロを延々と打ち続け、腰を下ろして確実にボールをグラブに収める基本を徹底的に身体に覚えこませていたという。

 
<<追記>>
本文中に登場した小林晋哉コーチだが、ちょうどタイミング良く、ソチ五輪フィギュアスケートの羽生の隣で仰天顔だった女性が、奥さんだということで、話題になっていた。
こちらのZAKZAKの記事 『DeNA小林晋哉スカウトを直撃 妻は羽生の隣で仰天顔だった日本スケート連盟強化部長』 で、イチロー相手に3時間に及ぶノックを浴びせ、仰木監督が「いい加減にしておけ」とストップをかけたこともあるエピソードが紹介されていた。
今はDeNAでスカウトをやっているんだ。

下柳剛が語る島野育夫氏と田中将大

今年の1月からスポニチアネックスで連載されている下柳によるコラムが、味わいがあってなかなか良い。

例えば、2/10の「本邦初公開 下柳氏が楽天入団時に背番号「91」選んだ理由」。

下柳は最後に所属していた楽天で背番号として91を選んだ。
それは阪神時代に世話になった島野育夫氏にちなんでということだ。

島野さんという人は親父であり、上司であり、時には兄貴のような人やった。あるときは仲間でもあったし。オレが阪神に移籍した2003年は、本当に島野さんに助けられたよ。

簡単に言えば、島野さんは星野監督と選手の架け橋やった。チーム状況が悪かったりすると、島野さんが星野監督に叱られる。

「これも給料の一部やからな」

ニコニコしながら島野さんは言うんやけど、選手の立場からすれば、本当に申し訳なくなってしまう。「オレらがちゃんとせなアカン」。特にベテランだったオレたちはそんな思いにさせられたし、何より選手ロッカーによく顔を出してくれた。だから、星野監督だけでなく、選手からも本当に信頼されとったよね。

下柳が彼をいかに慕っていたかがよく伝わってくる。
(ちなみに、山崎武司もその著書の中で島野氏がいかに素晴らしい指導者だったかについて述べていた。)

続けて、目下話題の中心であるマー君について。

一番印象に残っとるのは、野球に対する取り組み方やろうね。体の手入れに対する意識も高いんやけど、キャッチボールをとにかく丁寧にやっとった。オレの22年間のプロ野球人生でも、誰よりも丁寧やったように思う。

具体的には、30~40メートルの距離を入念にやっていたね。フォームチェックだけでなく、球筋を見極めていたんやろう。それぐらいの距離が球の伸び、へたりを確認するには一番適しとる。納得いかない時には、たとえゲーム前であっても妥協することなくずっと投げていた。

以前、工藤公康もキャッチボールの大切さについてTVで語っていたが、プロでもトップレベルの選手は基本を大事にしている。

グラウンドを離れてからも、真面目やったね。試合が終わってから飲みに行くようなこともなかったし、投手の食事会があってもダラダラと長居して飲んだくれることもない。「自分にとって何が一番大切なことなのか」というものを理解し、そのまま行動にうつしとった。結婚するタイミングとかも、良かったんやろうね。

だからといって、チームで浮いたりすることも一切ない。中途半端じゃなく筋を通すし、人間的にもいいヤツやから、みんなが認めとったわな。

もちろん、お茶目な一面もあるんやで。チームメートによう、プロレスの技をかけとった。

この辺りのバランス感覚はさすが。

下柳の人となりも伝わってくるこのコラム。
これからも注目していきたい。

もう一花咲かせてほしい松坂大輔

Webスポルティーバの「楽天・立花球団社長が語る「大物メジャーリーガーを獲れる理由」」に、楽天に入団したユーキリスが話した松坂の印象が載っていた。

すごくいいヤツだし、好きだけど、メジャーで成功しなかった理由は、一生懸命投げすぎるからだと。野球のシーズンは長いし、ずっと100%で投げることは不可能。ハイパフォーマンスを出すためには、バランスを取ることが重要だ

松坂よ。
もう一花咲かせてくれ。

インステップを修正しようと試みる藤浪晋太郎

Webスポルティーバでの津金一郎氏のコラム「スーパーエースへ。藤浪晋太郎は昨年より進化しているのか?」より。

藤浪がインステップする投球フォームを修正しようとしている。
(※スポニチのサイトにも2013年11月にフォーム矯正に取り組む写真が掲載されていた。)

インステップとは、クロスステップとも言い、右ピッチャーならば、ついた左足が三塁側に流れることを言う。

金村義明によると、

藤浪のインステップというのは、右打者にとっては本当に怖いんです。頭の後ろを狙われている感じがするので、打者は簡単に踏み込めません。

とのこと。

そんな大きなメリットがありながら修正しようとしているのは、インステップでよく言われる、体が横回転になるから故障しやすいというのが一点。

そして、もう1つが、

真っすぐがシュート回転しやすく、左バッターに怖さを与えることができない

点だと考えられている。

斉藤和巳も

足を真っすぐ踏み出した方が腰の回転がスムーズになり、リリースポイントが安定します。そうすることでシュート回転するボールが減り、思ったところにコントロールできるようになります。特に、左打者の膝元にコントロールできれば、カットボールやスライダーといった変化球も生きてくる

と言う。

2013年シーズンの藤浪は対右打者の被打率.194に対して、左打者には.283と打たれている。

この修正で左打者にも打たれなくなれば、真のエースになりえるのではなかろうか。

ちなみに、最近では少なくなったが、80年代には、特に左のサイドスロー投手には極端なインステップの投手がいた。元西武の永射保と元ヤクルト梶間健一などがそうだ。

普通の投手以上に身体を気遣わねばならないが、彼らのような変則投手にとっては大きな武器となったのだろう。

投手に言いなりのリードと酷評される鶴岡慎也

Number Webの永谷氏のコラム『正捕手鶴岡を手放した日ハム、異例の決断のワケ。~横浜高出身3年目、近藤への期待~』より。

近藤健介が期待されているという話は、彼が昨シーズン、場に慣れるために外野手として抜擢されたという話でも知っていた。

それはいいのだが、この記事では、放出された鶴岡への評価が厳しいことに驚いた。

インサイドワークに長けた捕手の一人で、ダルビッシュ有のような個性の強い投手を気持ちよく投げさせる術も心得ている。

だが、投手を乗せるのは上手だが、若手を引っ張るタイプではなかった。これまでコーチ会議などでしばしば俎上に載ったのが、鶴岡の「投手言いなりのリード」。チームの若返りを図る日本ハムにとっては、強気で投手を引っ張る捕手こそが求められていた。

このライターが、敢えて厳しい発言をピックアップしている気がしてならないが、むしろ鶴岡には新天地で活躍してほしいと願わずにはいられない。

MLBの奥さま会・婦人会なるものについて

日刊ゲンダイの 『里田まいは大丈夫? 田口壮夫人が語るメジャー「奥さま会」の洗礼』 より。

メジャーには各チームに「Wives Group」と呼ばれる、婦人会が存在し、その活動がなかなか大変だという話。

頻繁に行われる球団主催の「チャリティー活動」では、選手に代わって夫人自らが球場内を周回。ファンに直接、サインボールなどのグッズを手売りする。球団主催のパーティーには夫と共に出席、そこでは社交性も求められる。

調べてみると、イチローの妻、福島弓子氏が募金集め活動に参加している写真が何枚か見つかった。
mariners01
日本ではこんな姿は見たことがない。
そもそも、もともと有名だった人でない限り、奥さんが表舞台に立つことはほぼないだろう。

3.11の時は、ツインズの婦人会が義援金を集めたほか、ハンカチやTシャツを販売しアメリカ赤十字を通じて被災者へ収益を全額寄付したことで話題になっていた。

チャリティ活動はまだいいと思うが大変そうなのがこれ。

年間数億円、数十億円を稼ぐ選手の妻たちが仲間内で派手なパーティーを開いたり、連れ立って高級ブランドを買いに行くショッピングツアーを企画することもしばしば。時には夫人らがお金を出し合ってチャーター機を手配、遠征先に乗り込むこともある。アメリカではメジャー選手の奥さんも「チームの一部」。身につける貴金属や服装も「身分相応」が求められ、それができなければ、横のつながりが強いメジャー夫人たちの中で浮いてしまう可能性もある。

合わない人は苦労しそうだ。
ふと、ドラマ半沢直樹での婦人会の集まりの様子を思い出した。

なお、田口壮の妻、恵美子さんの著作によると、選手がトレードで移籍すると、婦人会が移籍先の婦人会にその選手家族をよろしくと連絡を入れることもあるそうだ。